女性の薄毛

女性の抜け毛、薄毛の対策。オススメのシャンプー・育毛剤や、病院での治療を解説!

抜け毛に悩む女性に効果大!石けんシャンプーの上手な使い方とは

     

9602171

 

今回の記事のテーマは、抜け毛に悩む女性におすすめしたい「石けんシャンプー」についてです。

 

市販のシャンプーはさまざまな種類があるので、髪質や体質にあったものを選んでいるかと思いますが、抜け毛が気になり始めたら、シャンプーについても見直しが必要になります。

 

関連記事:女性必見!抜け毛を防ぐ「正しい」シャンプー術

関連記事:あなたは知ってた?シャンプー後の正しいケア

関連記事:抜け毛に悩む女性へ!シャンプーの選び方3種類

関連記事:抜け毛に悩む女性に効果大!「漢方シャンプー」とは

 

 

今回は、抜け毛が気になり始めた女性に効果的な「石けんシャンプー」についてご紹介したいと思います。

 

 

頭皮のトラブルを「やさしく」解消!石けんシャンプーの上手な使い方

ほとんどのシャンプーの成分は「髪」によくない?!

現在、多くの女性が市販されているシャンプーを利用されていると思いますが、そのほとんどが、「合成界面活性剤」というものを使用しています。

 

この合成界面活性剤は、石けんと同じようなものだと考えられていますが、実は肌に対する影響は、まったく別のものになります。

 

合成界面活性剤は髪の材料であるたんぱく質をとかしてしまう作用があるのです。

 

 

ちょっと待って!合成界面活性剤ってなに?

本来なら、混ざり合うことのない油と水を混ぜあわせて、汚れを落としてくれる働きをするものを「界面活性剤」といいます。

私たちがよく使用する「石けん」も、この界面活性剤の仲間になります。

大豆に含まれるサポニンや、卵黄に含まれているレシチンなどは、天然に存在している界面活性剤のひとつです。

 

合成界面活性剤とは、近代になって新しく科学的に開発された汚れを落とすための界面活性剤なのです。

 

合成界面活性剤は、石けんの洗浄力に比べ、油などの汚れを落とすチカラが強くなります。

食器洗い洗剤洗濯洗剤などによく使われている、といえばその洗浄力の強さがわかるでしょう。

 

そんな強力な「合成界面活性剤」が、シャンプーにもよく使われているのです。

 

 

抜け毛の原因に?!気をつけたいシャンプーの成分

合成界面活性剤は、洗浄力はピカイチですので、しつこい汚れや落ちにくい油にはとても効果的です。

また、皮膚浸透性も高いため、使用感も高く感じることがありますので、シャンプーをした感覚は、満足度の高いものになります。

 

しかし、合成界面活性剤には同時にたんぱく質をとかしてしまう作用もあるため、髪の毛にはやさしいとはいえません。

極端に言ってしまうと、シャンプーをすればするほど髪が細くなってしまい、枝毛・切れ毛を起こしやすくなってしまうのです。

また、髪の毛を育てる「土壌」の頭皮にも浸透しやすいため、髪の材料をつくる毛母細胞にまで影響を与え、女性の抜け毛の原因となってしまうこともあります。

 

 

すぐに影響がでるわけではないが、、、、

beauty200150901b

 

もちろん、市販の合成界面活性剤が入っているシャンプーをつけると、すぐに悪影響がでてくるわけではありません。

しかし、シャンプーとは少しずつでも、ほとんど毎日使い続けるものですので、長年かけてかなりの量が体に触れ、蓄積されていくことになります。

 

髪のトラブルを抱える女性には、こうした長年の合成シャンプーの使用が関係している場合も、多く見受けられます。

健康で、若い時期では全く問題ありませんが、歳を重ね、体力なども少しずつ低下し始めたり、更年期に入り体の調子が変わってくるタイミングなどで、こういった「過去の蓄積」が抜け毛や薄毛などの症状としてあらわれるケースがあるのです。

 

 

肌や髪に影響がなく、トラブルを解消する「石けんシャンプー」とは

合成界面活性剤が入っているシャンプーは、洗浄力や使用感は高まりますが、同時に毛髪トラブルのリスクを負うことになってしまいます。

 

しかし、「石けんシャンプー」は、そのようなトラブルを防ぐことができます。

石けんシャンプーに替えると、いったん起こってしまったトラブルも、その後の悪影響がなくなるため、自然治癒力によって次第におさまっていきます。

 

ちょっと待って!「石けん」ってどんなもの?

20090316124222

 

石けんとは、界面活性剤の一種ですが、その成分や原料が天然成分で作られたものになります。

基本的には、動植物のあぶら(油脂)をアルカリで煮て作られます。

 

煮るアルカリによって、2つの種類に石けんは分けることができます。

 

1.脂肪酸ナトリウム(ソーダ石けん)

油脂を水酸化ナトリウム(苛性ソーダ)で煮て作った石けん。

固形石けんや粉石けんとしてよく使用されます。

 

2.脂肪酸カリウム(カリ石けん)

油脂を水酸化カリウム(苛性カリ)で煮て作った石けん。

液体石けんとしてよく使用されます。

 

「石けん」と「合成洗剤」はカタチだけでは見分けがつきません

img60776828

 

「石けん」というと、固形石けんのイメージが強くなるかと思いますが、実は違います。

いわゆる「石けん」のカタチをしていたとしても、合成界面活性剤を使用されたものもありますので、カタチだけではその成分を見分けることは難しくなります

 

天然成分である石けんも、科学的に作られた合成洗剤も、どちらも固形・粉・液体のカタチがそれぞれあるため、製品の成分表記を見て、どのように書かれているかで判断する必要があります。

 

 

石けんシャンプーの効果

石けんシャンプーは、もともと天然成分から作られた界面活性剤のため、肌や頭皮が繊細な女性にも安心なシャンプーです。

 

しかし、残念ながら合成界面活性剤を使用したシャンプーよりも、その洗浄力が低くなってしまいます。

 

髪の短い女性では、3~4回、髪の長い女性では6~7回を目安に、繰り返しよく洗う必要があります。使い慣れてくると、効率よく洗えるコツがつかめるため、もっと少ない回数でも問題なく洗浄することができます。

 

「石けんシャンプー」の上手な使い方

1.石けんシャンプーをつける前に

石けんシャンプーをつける前に、まず髪と頭皮全体をお湯で素洗いします。

 

2.お湯の設定

シャワーのお湯は、いつもよりもやや高め(41~42度)の設定にします。

 

3.繰り返し洗います

ショートヘアの女性は3~4回、ロングヘアの女性は6~7回繰り返し洗います。

 

4.ブラッシングケアも

もっている方は、シャンプーブラシなどで汚れ落としを入念にしましょう。

また、同時に頭皮マッサージを指の腹をつかって軽く行うのも効果的です。

 

5.仕上げのリンスも

酸性リンスを使うと、石けんシャンプー特有の髪に残る「ゴワゴワ感」を防ぐことができます。

 

 

まとめ

石けんシャンプーは、髪や頭皮に負担をかけずに洗髪をすることができるため、頭皮トラブルや抜け毛に悩む女性には、たいへんオススメしたいシャンプーです。

 

ただ、石けんシャンプーを初めて使う女性は、使用後の髪が「ゴワゴワ」になったり「キシキシ」ときしむ感じが気に入らないかもしれません。

そんな時は、シャンプー後のリンスケアできしみなどを予防できるため、併用することで石けんシャンプーの欠点を補うとよいでしょう。

 

また、最近では「石けん」と表記されていても、合成界面活性剤を使用した商品である場合があります。

髪や体を洗ってみて、洗面器にアカの浮かないものや、洗いあがりの感触が「なめらか」になるものは、合成界面活性剤の可能性が強いかもしれません。

 

購入する前には、商品の成分表示をよく確認してから購入するようにしましょう。

 

石けんシャンプーは、合成シャンプーに比べると、使い勝手が悪いかもしれません。

しかし、繊細な髪の毛や頭皮には負担がとても少ないため、頭皮トラブルや抜け毛が気になる女性にはオススメしたいシャンプーになります。

 

「石けんシャンプー」ぜひ、一度試してみてはいかがでしょうか。

 

 

  関連記事

 - 女性の薄毛におすすめシャンプー , , , , ,