女性の薄毛

女性の抜け毛、薄毛の対策。オススメのシャンプー・育毛剤や、病院での治療を解説!

頭皮のかゆみと抜け毛は繋がってる!よくある原因と対策まとめ

 

頭皮がかゆいと不快な気持ちになりますよね。

 

乾燥しやすい冬場や、汗をかきやすい夏場などはとくに頭皮が痒くなりやすいです。

女性は男性と違い髪の毛が長いので頭皮が蒸れやすく、かゆみも発生しやすいです。

 

すると気になるのが、「頭皮のかゆみが抜け毛の原因になるのではないか?」ということです。

 

直接的な原因にならなかったとしても、頭皮のかゆみは薄毛につながる何らかのサインのような気もしますよね。

 

そこで今回は、頭皮のかゆみと抜け毛の関係性や、頭皮のかゆみを抑える方法をご説明します!

 

 

頭皮のかゆみと抜け毛の関係

 

頭皮の乾燥

頭皮が乾燥すると、何日間も雨が降っていない地面のように頭皮もひび割れ、古い角質細胞が剥がれ落ちて敏感になり、かゆみが発生します。
しかし、そこでかゆいからといって頭皮を掻いてしまうと、炎症を起こしてしまう可能性があります。
かゆくなっている段階で、その頭皮は正常なターンオーバーができていない状態です。

そこに強い刺激が加わるので、傷ができてしまいます。

 

傷口は湿度が高く、雑菌の繁殖に適しています。

そしてその傷口の内部でマラセチア菌などの頭皮に住む常在菌が過剰繁殖し、炎症を発症させます。

 

その炎症が悪化することによって、炎症部分の抜け毛に繋がってしまいます。

 

頭皮が脂っぽい

皮脂が過剰分泌されることによって、かゆみが発生することがあります。

皮脂は、毛穴と同じ場所に存在する皮脂腺から放出されます。

 

正常な量の皮脂は頭皮を紫外線から守ってくれる大切な役割を果たします。

 

でも皮脂の量が多くなりすぎると酸化して臭いの原因になったり、頭皮に住んでいるマラセチア菌などの常在菌の餌になって雑菌が過剰繁殖をします。

 

繁殖した雑菌が毛根の内部に入り込み、「毛包炎」という種類の炎症を起こすことがあります。

 

これも痒みの原因となります。

 

そしてその炎症が広がると「脂漏性皮膚炎」という炎症になり、それに伴って炎症が発症している部位の毛根が攻撃され、抜けてしまうのです。

 

シャンプーやコンディショナーのすすぎ残し

髪の毛を洗う時に、シャンプーやコンディショナーが頭皮についたままになっていると、その配合成分が頭皮に強い刺激を与え、かゆみにつながることがあります。悪化すると炎症を引き起こしますので、これも抜け毛の原因になります。

 

 

痒みというより、炎症が抜け毛の原因となる

ここまで見ていただければわかるように、頭皮のかゆみは炎症の元となり、そして炎症が直接的な抜け毛の原因となります。

 

男性型脱毛症や女性型脱毛症といったホルモンのバランスによって引き起こされるタイプの脱毛症は、頭皮のかゆみとは関係がないということがわかるでしょう。

 

炎症性の脱毛症は、その炎症が治れば自然と髪の毛は再び生えてきますので、継続的にハゲるという心配はしなくても大丈夫です。

 

頭皮のかゆみを抑える対策

頭皮のかゆみが引き起こされる原因は、乾燥や、皮脂の過剰分泌、そしてシャンプーやコンディショナーなどのすすぎ残しがあるということをお伝えしました。

 

では、どのようにしてその3つの原因に対してアプローチすればよいのでしょうか。実は、シャンプーと食生活に気をつけるだけでもこの3つの痒みの原因全てにアプローチすることができます。

 

シャンプーの選び方

頭皮が乾燥している方は、シャンプー剤選ぶ際に、できるだけ刺激の少ないタイプの物を選びましょう。
洗浄成分が強すぎると、頭皮に本来必要な水分や油分まで奪ってしまいます。

 

特に石油系の合成界面活性剤(ラウレスやラウリルといった名前が付いているもの)が、洗浄成分として使用されていると、頭皮にはかなり刺激が強いと言えるでしょう。
アミノ酸系の合成界面活性剤が使用されたシャンプーを選んだ方が無難です。
皮脂の分泌量が多い方は、どのシャンプーを選んだとしても、そこまで変化はないでしょう。

 

皮脂というものは、シャンプーをした直後に急激に少なくなりますが、毛根内部には常に一定量の皮脂が蓄えられており、シャンプーの後で20分程度経過すると、再び分泌され、元の状態に戻ります。

 

そのため、シャンプーで皮脂を洗い流しても、それは一時的な効果しか得られないのです。

 

シャンプーの方法

シャンプーをする際には40度以下のぬるめのお湯で指の腹を使ってマッサージするようにして洗いましょう。

 

爪を立ててしまうと、頭皮に傷がつき、炎症やかゆみの原因になってしまいます。

 

まずはお湯だけで頭皮の汚れを洗い流し、汚れの8割程度が流れた段階で手のひらに500円玉程度の量のシャンプー取り、ゆっくり髪の毛になじませていきます。

 

シャンプーが直接頭皮にくっつかないように注意しましょう。

 

洗い終わったら、丁寧にすすぎます。すすぎ残しがかゆみの原因になりますので、全ての工程の中ですすぎに最も時間をかけた方が良いです。

 

食生活

皮脂の分泌量が多い方の食生活は、肉類から摂取する油の量が多い場合に多く見られます。

 

タンパク質を摂取する場合は、大豆などの植物性のたんぱく質を摂取したり、魚や牛乳などから動物性のたんぱく質を摂取したりといった食生活にシフトしてみましょう。

 

また、サラダ油やバターはできるだけ使用せず、油を使うときにはオリーブオイルやココナッツオイルなどを使用するようにしましょう。それだけでも皮脂の分泌量は減らすことができます。

 

まとめ

このように、頭皮のかゆみは直接的ではありませんが抜け毛の原因となります。

 

多くの人が心配するような、頭髪全体が抜け落ちてしまうということはありません。

けど、炎症を起こしてしまえば、その部位が部分的に脱毛症の症状を発症させる可能性があります。

 

シャンプー選びやシャンプーの方法、そして食生活に気をつけることによって頭皮のかゆみやそれに伴う脱毛を予防することができます。

 

もっと詳しく抜け毛について知りたい人はこちらの記事を参考にしてください。

→ シャンプーのときに抜け毛が多い女性は要注意

  関連記事

 - 抜け毛の原因