女性の薄毛

女性の抜け毛対策、育毛の情報を発信します

薄毛に悩む女性へ!その治療方法と種類とは

     

6257391621_3a69f938ff_b

 

 

今回の記事のテーマは「女性の薄毛治療」の実態について。

女性の抜け毛や薄毛の原因は、生活習慣や老化だけではなく、一種の「病気」の影響ということもありえます。

髪の毛は皮膚の延長線にあるため、皮膚科などには髪の毛の悩みに対する外来も数多くあるのです。

 

薄毛が気になり始めて、生活習慣を見なおしたり、シャンプーを変えたり、育毛剤を試してみたり、といろいろやってみたものの、抜け毛が減らない、、髪の毛が生えてこない、、、。

 

そんな方は、一度病院で外来を受けてみるのもよいかもしれません。。

 

 

女性の薄毛治療の外来とは?

髪の毛に関する外来は、基本的に皮膚科に位置づけられます。

(関連記事:髪の毛の基礎知識:髪の毛の正体とは?

大きな大学病院や専門のクリニックなどでは、脱毛症外来毛髪外来などが設けられているところもあります。

病院では専門的な医師が診察し、治療について説明してくれるため、これまで自己判断であった薄毛の原因がよりはっきりとわかるようになります。

原因がはっきりすると、その対策や治療も的確になってくるため、育毛効果や抜け毛の減少にも期待がもてるでしょう。

 

別の病気が原因で薄毛になることも

女性の髪の毛が抜けて落ちること自体は、生理現象のひとつですので病気ではありません。

しかし、過剰に抜け落ちたり、生えてこなくなってしまうには何かしらの原因があります。

皮膚病のため髪の毛が抜けてしまっていた、ということや、極度の貧血のため抜け毛が多くなっていた、など別の病気の自覚症状として髪の変化が現れることもあるのです。

 

男性とは異なり、女性の抜け毛や薄毛にはさまざまな要因が考えられます。

あなたがもし、抜け毛や薄毛で長く悩んでいるとしたら、病院の外来を受けて、一度はっきりとした原因を調べてみるのがよいかもしれません。

もし、他の病気が抜け毛の原因のひとつだったら、病気の治療頭髪治療を同時に行えば、髪の毛の健康も取り戻せる可能性が高くなります。

 

 

抜け毛は放置すると、どんどん悪くなる

359839307b6f4ced3a53cfa06eaea0e3_s

 

女性が薄毛になってしまうと、基本的に自然に治ることはありません

抜け毛や薄毛を放置してしまうと悪化してしまうことが多く、症状がひどくなってからは治療や育毛を行っても効果がでるまでに長い時間がかかります。

抜け毛や薄毛が気になり始めたら、まずはセルフチェックを行い、生活習慣の見直しをしていきましょう。

(関連記事→あなたの髪は大丈夫?抜け毛、薄毛の危険度チェック

 

生活習慣を見なおしても、抜け毛が減らなかったり、原因がよくわからなかったりする場合は悪化する前に一度、専門家に相談してみるとよいでしょう。

 

 

薄毛治療の主な流れ

1.カウンセリング

治療中の病気の有無、服用している薬、日々の食事の内容、飲酒や喫煙の習慣、日常的な運動の様子、日々の生活についてカウンセリングを行います。

また、薄毛治療の期間や頻度、費用やその効果などについても説明があります。

 

薄毛部分の写真撮影

髪の毛の生え際や生え方などは、なかなか自分で確認することは難しいものです。

薄毛治療をしっかりと進めていき、効果を確認するためにも頭部の写真撮影は大切なものになります。気になっている部分や、髪全体のいまの状態を確認することで、日々のケアにも役立っていきます。

 

頭部診察(問診・触診)

専門医が気になる部分の診察を行います。

いつからどの部分がどのように症状を自覚しはじめたのか、また抜け毛の量や髪質、頭皮の状態をくわしくヒアリングします。

頭皮の視診、触診も行い、頭皮状態を確認したうえで今後の治療方法を決めていきます。

 

検査

髪の毛が成長していくためには、血液、血圧が健康で正常である必要があります。

(関連記事:頭皮環境を整えるためには?

血圧測ったり血液を採取し、どのような成分が足りていないのか、どのような治療が一番良いのかを調べていきます。

頭髪ミネラル検査をすることで、髪の成長に必要な必須ミネラルの過不足もチェックすることができます。

 

 

薄毛治療の開始

6113734108_dc97911fd4_b

 

女性の抜け毛や薄毛に対しては、さまざまな治療法があります。

これまでに診察や検査などで調べた情報をもとに、患者さんにあった治療法を医師から提案されることになります。

一般的に多い治療は、塗り薬と飲み薬の処方になります。

塗り薬は、直接頭皮の炎症を抑えたり、皮膚下にある毛母細胞を活発にする成分が含まれています。

飲み薬は、女性ホルモンのバランスを整えたり、髪の成長に足りていない栄養を補給したり、血圧を整えたりといった効果をもたらします。

薬の処方後は、月に一度ほどの定期健診で経過観察をしていくことになります。

 

治療法については、医師と相談しながら一番合った方法を決めていくことになりますが、実際にどのくらいの治療方法があるのか、詳しく紹介していきたいと思います。

 

 

 

女性の薄毛治療の種類

1.飲み薬

錠剤の有効成分としておおく使われているのが、ミノキシジル

頭皮のトラブルを併発している場合は、ステロイドの投入などもあります。そのほか、ホルモンバランスを調整する成分や血行を良くするものなど、状況に合わせて錠剤が処方されます。

 

 

2.サプリメント

マルチビタミン亜鉛などは髪の成長にかかせません。

そのような栄養素を補完するためのサプリメントが処方されることもあります。

市販されているサプリメントとちがって、医師から処方されるサプリメントは含有成分の濃度が高いことが特徴です。ドクターサプリメントとも呼ばれ、髪の毛や体調などに合わせて量やタイプを処方してくれます。

 

3.塗り薬

発毛成分の代表格であるミノキシジルがメインに使われています。

頭皮の状況に合わせてミノキシジルの濃度を変えていくことができ、直接頭皮に塗るだけなので使い勝手も悪くありません。

 

 

4.ホルモン補充療法

老化や更年期などで女性ホルモンの量が低下してしまうと、抜け毛が多くなり、薄毛が目立つようになることがあります。

薄毛の進行を遅らせたり、頭皮の状態をよくするために、他の治療と併用して女性ホルモンの投与を行うこともあります。

 

5.点滴

髪の成長に必要となるアミノ酸やビタミン、ミネラルを、サプリメントではなく直接点滴として投与します。

サプリメントや飲み薬とちがって、栄養素の濃度を高くすることができ、直接体内へいれることから吸収率が高く即効性もあります。

 

 

女性の薄毛治療の注意点

クリニックなどによる女性の薄毛治療は、市販の薬やサプリメントと違って専門家が処方することになりますので、その効果も強くなることがあります。

しかし、その治療法や処方される成分に無理があったりすると、頭皮の炎症や体調不良を招いたり、育毛成分が強すぎると、髪の毛だけでなく、すね毛やワキ毛など他の体毛も濃くなってしまうこともあります。

 

薄毛の治療には、医師と相談しながら、無理のない処方をしてもらうことが大切ですね。

 

また、専門家から処方された薬を使用していても、日々の生活習慣を正すことができなければその効果は半減してしまいます。

睡眠不足や、栄養不足、運動不足など、悪い生活習慣はできるだけ改善していくように心がけていきましょう。

 

正しい生活習慣が身につけば、処方された薬やサプリメントの効果も高まり、健康な髪の毛をより早く手にすることが出来るかもしれません。

 

自分の髪の毛や頭皮、健康の状態をあらためて確認する。

 

病院やクリニックで専門家に相談することは、身体と髪の毛の健康をたもつ上で、とても大切なことです。

抜け毛や薄毛で長い間悩みがある、これからの薄毛が気になる、といった方はカウンセリングだけでも受けてみるのが良いかもしれませんね。

 

 

  関連記事

 - 女性の薄毛治療 , ,