女性の薄毛

女性の抜け毛、薄毛の対策。オススメのシャンプー・育毛剤や、病院での治療を解説!

女性の薄毛対策!健康な髪を保つ食事とは?その2

     

lgf01a201307301100

 

 

今回の記事のテーマは、身近なことから実践できる「女性の薄毛対策」です。

女性の薄毛対策!健康な髪を保つ食事とは?その1では、主に、髪の毛の成長に良い栄養素や、食品についてご紹介をしました。

今回は、女性が薄毛について悩んでいるとき、あるいは薄毛を予防したいときに、具体的にどのような食事をこころがければ良いのかをご紹介していきたいと思います。

 

 

 

おさらい:女性の薄毛対策になる栄養素

女性の薄毛対策!健康な髪を保つ食事とは?その1で紹介しましたが、次の4つの栄養素が髪の毛の成長や健康に深く関わりがあります。

 

1.たんぱく質

髪の成分がたんぱく質でできているため、欠かせない栄養素。必須アミノ酸をバランスよく摂取することが大切。

 

2.ミネラル類

たんぱく質の吸収をよくするために必要な栄養素。特に「亜鉛」が細胞分裂に深くかかわり、「鉄」は皮膚の粘膜に影響を与えるため、薄毛対策としてこれらの不足に注意したい。

 

3.抗酸化成分

生活習慣病や老化の原因といわれている活性酸素を除去するといわれている栄養素。βカロテンやビタミンC、ビタミンEなど。身体の調子も整えるため、女性は特にバランス良く摂取したい。

 

4.ビタミン類

髪の毛の成長をサポートしてくれる栄養素。ビタミンB群やビタミンB6は髪の原料であるたんぱく質の吸収をサポートし、ビタミンB2は髪の細胞の再生を助けてくれます。また、血流をよくするビオチンも大切。

 

 

女性の薄毛対策によい食事とは?

lgf01a201310121700

 

髪の成長と、それをサポートしてくれる栄養素の関係が、わかったかと思いますが、

でも、実際にどのような食事をとれば薄毛の対策になるのでしょうか?

 

女性は男性よりも食事を作る機会が多いと思いますし、外食をする場合でも、どのような品目が髪の毛によいのか、知っておくと安心ですね。

以下が、薄毛の対策に有効な食品・品目になります。

 

1.「まごはやさしい」の食材

まめ、ごま、わかめ(海藻)、野菜、魚、しいたけ、いも

「まごはやさしい」は、髪の毛の成長に必要な栄養素をとることができ、薄毛の対策になる食材の頭文字をとったものです。

これらは和食によく使われる、おなじみの食材になります。女性の代謝にもとても良いため、日常的に食べていきたい品目になります。

 

 

2.色とりどりの食事を

緑黄色野菜淡色野菜などには、ビタミンやミネラル類が豊富に含まれています。バランスのよい食事は、目でみても美しいものです。

楽しく、おいしく、そして健康的に。薄毛対策に色とりどりの野菜や食事をこころがけましょう。

 

3.植物油や魚の脂を意識的に

オリーブオイルに多く含まれているオレイン酸や、青魚に含まれるDHAやEPAは、体によい不飽和脂肪酸になります。

オリーブオイルの他にもサラダ油、菜種油なども植物由来の油なので薄毛対策にはOK。

色とりどりの野菜サラダに、オリーブオイルのドレッシングなどをかけて食べると栄養のバランスよくなるでしょう。オリーブオイルに塩とお酢を少しまぜるだけで、簡単に自家製のドレッシングを作ることができます。

 

4.フルーツやナッツを上手にとろう

ナッツ類ドライフルーツにはミネラルが豊富に含まれています。

ピスタチオやアーモンド、くるみなどは、女性が好きなスイーツやパンなどにも入っているので、意識していれば他の食品と合わせてとることができるでしょう。

また、バナナ、りんご、ぶどうなどのフレッシュフルーツにはビタミンがたくさん含まれているため、忙しい朝や、デザートなどちょっとした時に食べられるよう、自宅に常備しているとよいですね。

 

 

食生活と薄毛の関係性とは

resize

 

女性の薄毛対策には、とくに「脂」に注意しよう!

現代では、肉中心の欧米型の食事をとることが当たり前となってきていますが、髪の毛の健康と薄毛の対策のためには、脂質のとり方に注意することが大切になります。

脂質は主に私たちが活動していくためのエネルギー源や、身体をつくる成分として使われていますが、取り過ぎてしまうと、エネルギーの過剰摂取につながり、結果肥満などをまねくことになってしまいます。

 

特に、肉類などに多く含まれる飽和脂肪酸のとりすぎは、血流を悪くしてしまうため、動脈硬化などをひき起こしてしまいます。

血流が悪くなってしまうと、当然頭皮の血行も悪くなってしまうため、髪の健康にとって大きなダメージが与えられてしまいます。

(関連記事:女性が気にしたい!頭皮環境を整えるためには?

 

つまり、単刀直入にいってしまえば、脂質、特に動物性の脂肪などのとりすぎは、「ハゲる食生活」であるということです。

同じ脂質でも植物油や魚の脂は比較的体によいため、選ぶことができるのであれば、なるべく植物油や魚を選ぶようにしていきましょう。

 

フルーツ好きは自然と「薄毛対策」になっている?

女性は男性と比べると、フルーツが好きな印象がありますよね。

実際にフルーツが好きな女性は多いと思いますが、これ、実はすごく髪の毛に良いことなのです。

野菜や果物には、体の調子を整え、髪の原料となるたんぱく質の吸収を助けるビタミンミネラル類がとても豊富に含まれています。

活性酸素をやっつける抗酸化成分も、多く含まれているため、毎日意識的にとりたいものです。

 

また、野菜には生の状態のほうが、吸収しやすい栄養素があります。

抗酸化成分の働きを高める酵素の働きなどは、生野菜から得られやすいため、加熱した野菜だけでなく、生野菜も積極的に食べていくとよいでしょう。

フルーツや生野菜をミックスしたフレッシュジュースなどは必要な栄養が一度にとれるため、薄毛対策ドリンクとして、チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

 

 

薄毛対策には、「食べ方」も大切です

食事は、髪の健康のための「先行投資」の中では、一番大切なことです。

どんな栄養素をとるのか、何を食べたら良いのかはこれまでに説明してきましたが、実は「食べ方」もとっても大切なのです。

 

女性が実践したい、髪の毛によい食事のとり方

ゆっくり食べる

早食いは食べ過ぎを招き、肥満にもつながります。

食べた刺激が脳にある満腹中枢にとどくと満腹感を感じますが、満腹感を感じるまでには食事をはじめてから20分はかかるため、早食いをしてしまうと食べ過ぎの原因になってしまいます。

 

就寝前の食事は控える

寝る前に食事をしてしまうと、消化吸収活動が起こって、血流が促進され、深い眠りにつくことができなくなってしまいます。

同じカロリーを摂取しても、夜遅い時間に摂取したほうが脂肪にかわりやすいため、夜は10時までに食事をすませることが薄毛対策に大切です。

 

旬のものを食べるように

旬の食材は味もよく、栄養価も高く、そして安価に手に入れることができます。

たとえばほうれん草などは、旬なものとそうでないものでは3倍もビタミンCの量がちがうのです。一年を通して同じ野菜が手に入るようになりましたが、旬の野菜は積極的にとるように。身近なことでできる美味しく、お財布にも優しい薄毛対策です。

 

 

「ばっかり食べ」は厳禁!

どんなに体や髪の毛によいといわれる食材でも、同じものばかりを食べてしまうのはNG。

栄養のバランスを考え、いろいろな食品をとることが大切です。

はじめに、食物繊維のおおい野菜を食べ、次にたんぱく質や炭水化物をとるようにすると、ゆっくりと消化・吸収が進み、食べ過ぎの防止にもつながります。

 

 

まとめ

食べることは、生命活動をしていく中でも毎日欠かせないものです。

薄毛に悩んでいる女性には、ぜひこの食生活からの対策を実践していただきたいと思います。

 

日々の買い物や、食べ方、食べる時間帯、外食時のメニューを選ぶ時など、少しだけ意識してみてください。

小さな積み重ねが、薄毛の対策・予防になり、健康で美しい髪の毛をたもつことになります。

 

 

 

  関連記事

 - 女性の薄毛治療 , , , , , , , ,