女性の薄毛

女性の抜け毛対策、育毛の情報を発信します

女性の薄毛対策!健康な髪を保つ食事とは?その1

     

free-illust30149

 

今回の記事のテーマは、身近なことから実践できる「女性の薄毛対策」です。

 

髪の毛のケアは、シャンプーやブラッシングなどさまざまなものがありますが、今回は髪の毛を実際に作っている「栄養素」について考えていきたいと思います。

 

女性は男性よりも食事をつくる機会が多いですね。

毎日の食事の中で、髪の毛の成長によく、薄毛の対策ができるような献立が用意できればステキですよね。あなたと家族みんなの髪の健康のためにも、薄毛対策になる栄養素を学んでいきましょう。

 

バランスの良い食事は、薄毛対策に有効です

美しい髪はとても魅力的ですよね。

ほとんどの女性は髪の毛のみえる部分を気にしますが、その美しい髪を保つためには髪自体ではなく、その土台となる「頭皮」に気を使わなければなりません。

髪の毛が成長し、新しく生えてくる「毛根部分」の環境を整え、十分な栄養を与えることが薄毛の対策になります。

では、髪の毛にとって「十分な栄養」とはなんのことでしょうか?

 

髪の毛はたんぱく質でできています

美しい女性の髪の毛の正体、そのほとんどがたんぱく質でできています。

そのため良質なたんぱく質をとることが、髪の成長に不可欠になります。

たんぱく質はアミノ酸という成分が集まってできたもので、良質なたんぱく質とは、食品からしか摂取できない必須アミノ酸をバランスよく含んでいるものをさします。

その必須アミノ酸が不足してしまうと、抜け毛や薄毛につながってしまうのです。

 

 

女性が薄毛対策にバランスよく取りたい、4つの栄養素

 

1.たんぱく質

たんぱく質には、植物性たんぱく質動物性たんぱく質があり、前者は後者よりも体内での吸収率が悪いといわれています。

大豆などの植物性たんぱく質だけでなく、などの動物性たんぱく質をしっかりとることで、必須アミノ酸をバランスよく摂取することができます。

 

たんぱく質が多く含まれる代表的な食品

牛肉、豚肉、鶏肉、魚、牛乳、卵、ヨーグルト、枝豆、おから、大豆

 

 

 

2.ミネラル類

たんぱく質、脂質、炭水化物の3大栄養素の代謝などに欠かせないものがこの「ミネラル類」。

ミネラル類はさまざまなものがありますが、特に「亜鉛」は髪の原料となるたんぱく質の代謝に必要不可欠になります。亜鉛が不足してしまうと、毛母細胞を含むすべての細胞分裂がスムーズに進まなくなってしまいます。

また、も不足してしまうと、皮膚の粘膜にとってもマイナスになります。

髪の毛は皮膚の一部、延長線上にあるため、鉄不足は髪の毛にとっても悪い影響がでてきてしまいます。

女性の美しい髪の毛は、たんぱく質からできています。

そのたんぱく質を、十分に吸収するためには、ミネラル類がなければいけません。

このように、栄養素はお互いに助け合い作用していくため、「薄毛対策の食事」にはバランスが大切なのです。

 

亜鉛が多く含まれる代表的な食品

牡蠣、アマランサス、焼き麩、オートミール、干ししいたけ、きくらげ、松の実、ごま、カシューナッツ

 

鉄が多く含まれる代表的な食品

豚レバー、牛レバー、鶏レバー、煮干し、干しエビ、あおのり、ほしひじき、岩のり、卵黄

 

 

3.抗酸化成分

生活習慣病や老化の原因といわれている活性酸素

その活性酸素を除去するといわれている抗酸化成分は、植物などにふくまれる香り成分やにおい成分などの総称です。

βカロテン、ビタミンC、ビタミンEななどは代表的な抗酸化ビタミンです。

抗酸化成分は、あまりなじみはありませんが、様々な食物に含まれており、身体の調子を整えるために重要な栄養素です。薄毛対策だけでなく、女性の美しさと健康のためにも、日々とりたい栄養素になります。

 

抗酸化成分は、この他にもトマトなどに含まれるリコピン、緑茶などに含まれるカテキン、ベリー類に含まれるアントシアニン、大豆のイソフラボン、ごまなどに含まれるゴマリグナンなどが知られています。

 

βカロテンが多く含まれる代表的な食品

しそ、モロヘイヤ、にんじん、パセリ、バジル、ほうれん草、あしたば、春菊、抹茶、やきのり、かぼちゃ

 

ビタミンCが多く含まれる代表的な食品

パプリカ、ゆず、アセロラ、パセリ、レモン、ピーマン、ゴーヤー、柿、キウイフルーツ、モロヘイヤ、いちご

 

ビタミンEが多く含まれる代表的な食品

あんこうの肝、すじこ、きゃびあ、いくら、鮎、いわし、たらこ、モロヘイヤ

 

 

4.ビタミン類

ミネラル類や抗酸化成分のほかに、髪の毛の成長をサポートしてくれる重要な栄養素がビタミンB群です。

ビタミン類はたくさんの種類がありますが、特に薄毛対策になるものは、ビタミンB群とビオチンになります。

 

ビタミンB1ビタミンB6は、髪の成長に欠かせないたんぱく質の代謝をサポートします。

またビタミンB2は髪などの細胞の再生をサポートするため、発育のビタミンと呼ばれています。

ビオチン(ビタミンH)は、エネルギー代謝にかかわり、不足すると血流にも悪影響を及ぼします。

 

ビタミンB1が多く含まれる代表的な食品

豚肉、小麦胚芽、玄米、落花生、大豆、うなぎ

 

ビタミンB2が多く含まれる代表的な食品

牛レバー、豚レバー、鶏レバー、どじょう、やつめうなぎ、鶏卵、キャビア、ほしのり

 

ビタミンB6が多く含まれる代表的な食品

牛レバー、豚レバー、鶏レバー、魚の赤身、ひまわりの種、ピーナッツ、鶏のささみ、ピスタチオ

 

ビオチンが多く含まれる代表的な食品

牛レバー、豚レバー、鶏レバー、まがれい、あさり、ししゃも、たらこ、まいわし、バターピーナッツ、ひまわりの種、卵黄

 

ビタミンB群やビオチンは、鶏や牛、豚などのレバーに豊富に含まれています。

鉄分も多く含まれているため、女性は積極的にとりたい食べ物ですね。

また、海藻穀物たね類にもビタミンB群は豊富に含まれているので、たくさんの量は一度に食べられなくても、ちょこちょこと食べるくせをつけるといいですね。

 

また、調理の仕方食べ合わせによって栄養素がかわってくることもあります。

例えば、大豆をゆでるとビオチンが多く発生するためゆでた大豆もよいでしょう。

ビオチンは卵黄にも多く含まれますが、生食だと卵白にふくまれるアビジンとよばれるたんぱく質が、ビオチンと結合し、吸収を妨げてしまうため、注意が必要です。加熱調理すれば問題ありません。

 

 

バランスよく食べることの大切さ

free-illust30423

 

女性の健康な髪の毛をつくり、将来の薄毛対策をしていくためにはしっかりと栄養をとることが重要ですね。

 

これまでに紹介してきた薄毛対策のため4大栄養素、いかがでしたでしょうか?

あなたはバランスよくとれていましたか。

 

良質なたんぱく質から得られる、必須アミノ酸が不足してしまうと、抜け毛が多くなります。

亜鉛や鉄分は、髪質を守りますし、メラニン色素の合成には銅がかかせません。

ビタミンの中ではビタミンB郡やビオチンがたんぱく質の代謝を助けますし、体内の活性酸素を減らすことで薄毛の予防につながるため、抗酸化成分の摂取も大切です。

 

このように栄養素はさまざまな成分が助けあって、その働きを大きくしていきます。

日々の食事の中で、髪の毛の原料となる「たんぱく質」や、その働きや吸収を助ける「ビタミン」「ミネラル」などを合わせてとっていくことで、薄毛の対策ができるのです。

 

日々の食事の中で、これらの栄養素をとることが望ましいのですが、できない場合や極端な偏りを感じる場合はサプリメントで補うこともできます。

大切なことは、美しい髪はどうやってできているのかを知り、あなたの生活の中で実践していくことです。

 

女性の薄毛対策は、正しい生活習慣と、バランスよく食事をとること、それが一番です。

 

 

 

 

 - 女性の薄毛治療 , , , ,