女性の薄毛

女性の抜け毛対策、育毛の情報を発信します

女性の薄毛対策!髪によい環境と気持ちをもつには?

     

今回の記事のキーワードは「髪によい環境」と「気持ちの持ち方」です。

女性が薄毛の対策を考えるとき、髪の毛や頭皮の環境を整えることも大切ですが、また同時にストレスを抱えないよう、気持ちの持ち方も大切になってきます。

 

この記事では、女性が薄毛に悩んだときに、日常的な対策として頭にいれておきたい「髪によい環境」と「気持ちの持ち方」を紹介したいと思います。

 

女性の薄毛対策│春夏のケアが髪の寿命を決定する

髪の毛の基礎知識:髪の寿命」の記事でも紹介しましたが、髪の毛は成長期、退行期、休止期というヘアサイクルがあります。

成長期のときには、髪の毛はどんどん成長するので、栄養面や血行面を良くすると健康な髪の毛がどんどん生えてきます。

退行期、休止期になると髪の成長はストップし、自然と毛が抜け落ちたり、新しい髪の毛を生やすためにしばらく生えてこない状態になります。

 

しかし髪の毛が成長期の場合でも、環境によっては髪の毛が傷み、休止期を待たずして抜け落ちてしまうことがあります。この「環境」を悪くしてしまうと、女性でも抜け毛や薄毛になってしまうことにつながります

 

女性の薄毛対策1.│季節ごとに気をつけたいエアコンの設定

eakon

 

髪にとって要注意のシーズンといえば、春から夏にかけて。

汗や皮脂が頭皮にたまりやすくなるうえ、髪にダメージを与える紫外線が強くなるからです。

 

特に頭皮にとって天敵は「乾燥」すること。

紫外線やエアコンによる乾燥は髪にとても悪影響を与えます。

 

紫外線はとくに水といっしょになったときに影響が強く現れてしまいますので、夏場のプールや海辺では、長時間髪を濡れたまま紫外線にさらさないようにしましょう。

 

日常生活でも、外出するときは帽子をかぶったり髪をまとめるなどして、紫外線を浴びる面積を少なくする工夫を行いましょう。

 

また、エアコンにも注意が必要です。

 

夏場や冬場などは特にですが、自宅や商業施設などではエアコンの強さにご注意。エアコンが効きすぎている空間は同時に空気も乾燥しています。

 

空気の乾燥は髪の毛の水分をどんどん奪ってしまうため、キューティクルが剥がれやすくなってしまい、切れげや枝毛の原因となります。

 

また、頭皮が乾燥してしまうと毛根のちからも弱まってしまうため、成長期中の髪の毛も抜け落ちやすくなってしまいます。

 

エアコンは暑い夏でも、寒い冬でも私たちを快適にしてくれますが、知らずうちに髪の毛のダメージを与えてしまうことがあります。女性が薄毛対策を考えるとき、エアコンとの上手な付き合い方を意識するようにしましょう。

 

女性の薄毛対策2.│物理的な刺激に気をつける

私たちの髪の毛には、外部の刺激から髪の内側を守るために、毛髪の表面にうろこ上になっている「キューティクル」という物質があります。

キューティクルは、車などでいうと「コーティング」のような役割を持ち、内側の成分を守る役割があります。

しかし、摩擦や熱、紫外線などの影響をうけると傷つきやすく、しかも一度傷ついたりはがれたりしてしまったキューティクルは修復ができなくなります。

 

健康な女性の髪の毛の寿命は、およそ4年から6年と言われていますが、キューティクルが傷つくことで寿命が短くなったり、抜け毛などのトラブルを招く場合もあるのです。

 

キューティクルが傷む原因

キューティクルが傷んでしまう主な原因は、紫外線やエアコンの他に、ゴシゴシと洗うような乱暴なシャンプー、

無理なブラッシングやドライヤーの熱など、物理的な刺激が主になります。

また、パーマやヘアカラーなども薬液を使用するため、キューティクルを傷つけてしまうことにつながります。

 

また、キューティクルは水分を含んだときに傷つきやすくなるため、お風呂あがりや雨に濡れてしまった後など、なるべく摩擦がおこらないように注意しましょう。

 

 

女性の薄毛対策3.│地肌をよい状態にする

健康で美しい髪を保つには、地肌をみずみずしく保つことも大切な条件です。

地肌、すなわち頭皮の健康を保つには、

 

1.髪と頭皮を清潔に保つこと

2.髪に水分と油分を補うこと

3.毛根の新陳代謝を高めること

 

この3つの基本を守ることがとても大切になってきます。

 

髪を洗う時には、よく泡立てて、頭皮は指の腹でマッサージするように洗いましょう。

ポイントとしては、「髪」ではなく「頭皮」をやさしく、しっかりと洗うことです。頭皮に皮脂やアカ、皮脂に付着していたホコリなどが残っていると、それらが毛穴を詰まらせ、毛髪の成長を妨げることがあるのです。

また、皮脂が微生物によって分解されて刺激物にかわることがあり、毛根に悪影響を与えることもあります。

 

そのため、その日の髪の汚れはその日のうちにしっかりと落としておくことが大切なのです。また、頭皮をしっかりとやさしく洗うことは頭皮の血行促進効果も期待することができます。

 

髪の乾かし方にも注意!

髪が濡れて、水分を吸収して膨らんだ状態のままドライヤーをかけると、髪を傷める原因になります。

髪の長い女性は、お風呂あがりにドライヤーを使用することが多いと思いますので、注意が必要です。ドライヤーをかける前に、タオルなどでできるだけ水分をとっておくようにしましょう。

 

 

髪の毛はいろいろな環境によって、傷めたり、抜け落ちたりすることにつながります。

こうしたトラブルを防ぐためにも、しっとりとした仕上がりのあるシャンプーやリンス、トリートメントを使って髪の水分を保つことはもちろん、ヘアコート剤やヘアクリームで髪の表面を保護しておくことも大切です。

 

 

 

女性の薄毛対策│気血のめぐりを良くする

東洋医学では、髪の毛は「血ヨ」と呼ばれ、血液の余ったものと考えられています。

 

したがって、「血」のめぐりが悪くなると「血ヨ」である髪の毛が抜けてくる、という風に説明ができます。

また、東洋医学には「気血一体」という言葉があり、これは「気」(生命エネルギー)と「血」はいっしょになって体じゅうをめぐっているという考え方です。

 

『「気」は「血」を生じ、「血」は「気」を補う』といわれ、お互いに密接な関係があります。そのため「気」のめぐりが停滞しても、「血ヨ」、つまり髪の毛に悪影響を及ぼすのです。

円形脱毛症でも、女性の薄毛についても、健康状態について調べてみると、「気血」のめぐりが悪くなっていることが多くみられます。

 

気血を悪くする原因

6177916294_e2fb900b36_b

 

そんな「気血」のめぐりを悪くする最大の原因は「ストレス」。

薄毛で悩む女性の多くは、かなりのストレスを抱えてしまっています。

 

残業続きであったり、家庭に問題を抱えていたり、毎夜の深酒で寝不足だったりとその理由は様々ですが、精神的・肉体的ストレスがかかっていくと、、、ある日ふと抜け毛や薄毛がはじまってしまうのです。

 

女性が抜け毛や薄毛を予防するためには、日頃からストレスをため込まないことがとても重要です。

睡眠時間はできるだけ1日7時間以上確保できるとよいでしょう。

 

なかなか一言で「ストレスをため込まない」といっても、難しいものですが、女性のとって髪の美しさ・健康はとても大切なことです。

 

抜け毛や薄毛で悩む未来は、どんな女性も望んではいないでしょう。

 

ストレスがどうしてもたまってしまい、解消することができない場合は、思い切って環境を変えてみたり、専門家に相談をして「心の負担」を軽くできるようにしましょう。

 

女性の薄毛の悩みは「環境」と「心の持ち方」によって対策することができます。

薄毛が気になる女性も、まだ悩む前の女性も、日頃の生活を振り返ってみて、事前に対策を考えてみるのはいかがでしょうか。

 

抜け毛と頭皮環境についてもっと知りたい人はこちらのページを参考にしてください。
抜け毛を減らしたいならこれ。オススメの育毛シャンプーを知りたい女性へ

  関連記事

 - 女性の薄毛治療 , , , , , , , , ,