女性の薄毛

女性の抜け毛、薄毛の対策。オススメのシャンプー・育毛剤や、病院での治療を解説!

男女の違い:抜け毛、薄毛について学ぶ

 

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-06-PAK86_atamakakaerujyosei20140125-thumb-1000xauto-16723

 

この記事を読まれているということは、

「髪の毛がぺたっとして、髪型がうまく決まらない」

「髪の毛が細くなってきた気がする」

「髪の分け目が気になり始めた」

「地肌が透けて見えてきている」

などと、ご自身の髪の毛に何らかの不安や悩みを抱えている方が多いのではないでしょうか。

 

現在、女性の髪の毛に対する悩みはとても多く、内容も多岐にわたっていることが現状です。

頭髪に悩みを抱える女性の年齢は、実に思春期の世代の十代から、八十代のご高齢の方までと幅広く、女性は一生を通して髪の毛と深い関わり、関心があることがわかります。

現在、抜け毛や薄毛などの脱毛症に悩む女性は600万人以上いるともいわれていますが、実際社会的にはそれほど認知はされてはいません。男性にはハゲがあるが、女性がはげることはない、そんな社会通念が一般的となっております。

 

脱毛症の治療技術

男性にとってハゲることは、一般的なこと。若い内にハゲてしまったり、ストレスやなにか原因があってハゲる場合は治療を受ける方も少なくないと思います。

そんな男性の脱毛治療の業界に、近年新しい治療薬、治療方法が誕生しました。

男性にとっての脱毛症は、昔から着目されていたためその発展は日々素晴らしいものですが、女性の脱毛症に関してはどうでしょうか。

男性と女性では、身体構造や生理メカニズムもことなるため、同じ脱毛症ということでも原因や状態が異なることが多いです。そのため、同じような薬、治療法が必ずしも効果的であるわけではないのです。

これまで、女性の薄毛はほとんど問題にされなかったということもあり、抜け毛や薄毛に悩んでいても女性の場合はそれらを解決してくれる場所がない、、、ということが多かったのですが、最近は社会的認知度も上がってきたこともあり、女性専用の抜け毛、薄毛治療をするクリニックや病院も増えてきています。

 

女性にとって髪の毛とはどのような存在か

女性は一昔前は、結婚すると家庭に入り、社会活動は男性が中心となっていました。

近年、女性の社会進出が進み、昔に比べると女性が外にでる機会が圧倒的に多くなってきました。そのため、これまではほとんど外に出る機会がなかった女性が、日々の外見を気にするようになりました。

髪の毛とは、持って生まれた容姿に加え、肌の手入れ、ファッションと同様に女性の見た目を左右する多きな要素のひとつとなります。髪の毛が薄い、、、ということは自分の見た目が悪くなってしまうということになるため、女性にとってはたいへん重要な問題になります。

さらに、日本は世界的にみても長寿大国で、特に女性の平均年齢は約86歳と、世界ナンバーワンとなっております。

当然、平均寿命は日本人男性よりも長くなっているため、女性のほうが人生は長くなり、その分長い人生を充実させるために健康で美しく年齢を重ねていきたいと思う方が多いと思います。

そんな中、抜け毛や薄毛などの脱毛症は、充実した人生を送る上でとても重要な問題になります。

何も、抜け毛や薄毛が進行したとしても、直接病気や死に至る原因になることは滅多にありませんが、実際に髪の毛が薄くなってしまった場合、大きな悩みのひとつとなると思います。

老化と脱毛症の関係は、密接であるため、歳相応の髪の加齢変化は誰にでも起こることになりますが、その変化がゆっくりと、そしてあまりおとずれないでほしいと望む女性は多いと思います。

 

女性の抜け毛、薄毛の治療実態とは

KE054_72A

 

現在、女性の抜け毛、薄毛治療は医学的な治療を受けることで、大部分を再び生やすことが可能となってきております。

体質や脱毛症の原因により、必ず100%治療することができる、というわけではありませんが、実際薄毛治療を受けた方の実に7~8割の方が回復傾向にあることが確認されています。

男性には一般的であった薄毛、いわゆるハゲてしまった場合の治療が、女性にとっても可能になってきたということになります。

この事実は、長年脱毛症に悩んできた女性にとってはこの上ない素晴らしいことだと思われます。

それは、女性の薄毛等の原因は、男性と異なるため、男性の薄毛治療をそのまま女性にも適応できるわけではなかったからです。

特に女性が男性と比べて、脱毛症になる大きな違いは、ひとつの要因から薄毛になるのではなく、様々な要因がからみ合って起こってしまうことが多いため、その原因をひとつに絞ることが難しいことがあげられます。

女性に薄毛治療を行うためには、脱毛症の原因を、新たに研究解明し、それに合った治療法や薬などの開発を医療現場が行う必要があったのです。

 

 

身体的負担だけでなく、精神的負担にも

また、髪の毛に関する悩みは、身体的負担だけでなく、精神的にも大きな負担となります。

髪の毛に関する悩みを抱える女性は、そのことに関して大きなストレスを感じてしまうため、そのストレスを軽減させることも薄毛治療の重要なひとつの項目になっています。

何らかの理由で、ある日ちょっとした薄毛になってしまったとします。

はじめの原因では、それほど脱毛症がひどくなることはなかった場合でも、その薄毛に対するストレスを抱えることで、一気に脱毛が進んでしまうことは、意外にも多いケースとなります。

それほど、女性の身体は繊細であり、それぞれが深く密接に関わりあっているのです。

ですから、その複合的な要因により、発生・進展してしまう女性の薄毛問題は、治療方法や薬の種類なども男性と異なって当然といえます。

 

髪の毛がたくさん抜けてしまうこと、薄毛になってしまうこと。

これらはある意味、一種の「病気」と位置づけても良いのかもしれません。

しかし、胃潰瘍や盲腸、その他の病気や怪我などは、痛みが伴い自覚症状があるとこがほとんどですが、脱毛症の場合はその身体的「痛み」が伴うことはありません。

「精神的」な痛みのみになります。

人は、不知のことやわからないことに直面すると、漠然とした不安を抱いてしまいます。

脱毛症にとっても、一般的にはまだその原因や対策方法を認知されていないことから、まだまだ正しい知識が浸透しているとはいえません。もっと、女性の薄毛についての正しい知識を知っていただき、脱毛症に悩んでいる方はもちろん、身近にそのように困っている方がいる場合も、理解を深め、その不安や疑問を解消していっていただきたいと思います。

 

どのように薄毛について理解するべきか

049e728619bcaa24721d858e5e8b99ff_s

 

脱毛症や薄毛は、男性だけでなく、女性にも起こりえることですが、女性の薄毛についてどのように理解を深めていけばよいのでしょうか。

まず、はじめに考えていただきたいことは、「なぜ脱毛症・薄毛は起こってしまうのか」。

老化ストレス生活習慣の乱れなど、原因があってこその現象です。薄毛になってしまう様々な原因を考える必要があります。

 

次に、「男性と女性の薄毛の違いはどこにあるのか」。

先述したように、女性と男性では身体機能、生理現象も異なるため、薄毛になる原因やメカニズムも変わってきます。

その違いをしっかり理解することで、その対策の仕方もわかってきます。

 

そして、「薄毛を治療・予防したり、進行を遅らせる方法はどのようなことがあるのか」。

脱毛症を治療する場合は、専門機関の技術が必要になりますが、予防や進行を遅らせることは、日々の生活の中で十分に対策を練ることができます。

どのような予防方法、進行遅延のやり方があるのでしょうか。

 

「薄毛になってしまったら、どのようにケアすれば良いのか」。

実際に、薄毛になってしまったら、原因や対策方法などがわかっていたとしても、自身に合った方法を選ばなければいけません。

生活習慣や生活環境に合ったケアの仕方を、考えていきましょう。

 

 

女性の脱毛症や薄毛に関して、解決方法の第一歩は、「理解を深めること」です。

この記事が、抜け毛や薄毛に悩む女性の少しでも役に立つことを願っています。

 

 

  関連記事

 - 女性の薄毛治療 , , , , ,