女性の薄毛

女性の抜け毛、薄毛の対策。オススメのシャンプー・育毛剤や、病院での治療を解説!

アラフィフ女性の薄毛は治せる?50代でも髪は生やせる!年齢だからとあきらめないで

 

髪が薄くなってきたアラフィフ女性にとって、薄毛が治るのかが気になるところですよね。

 

もしかして「もう歳だから薄毛は仕方ない」と、あきらめてませんか?

 

いえいえ、アラフィフでも髪は増やせるんです。

あきらめるなんてもったいないですよ!

 

アラフィフでも薄毛は治せる!髪は生える!

40代後半~50代前半は、女性がもっとも薄毛に悩みやすい年代です。

「加齢によるものだからどうしようもない」と思っている方も多いですが、これは誤解です。

 

アラフィフの女性でも、正しい方法で対策をしたら薄毛は治ります。

 

実際に、50歳で薄毛が治った女性の写真がこちらです!

出典:https://www.tokyobeauty.jp/photo/case86.php

 

かなり髪が増えているのが分かりますよね。

あなただってこれくらい増やせる可能性は十分ありますよ。

 

それで、気になるのはどうやって髪を増やしたのか?ですよね。

 

髪を増やした方法の前にアラフィフ女性の多くが悩む薄毛が、どんなものなのかを知ってほしいのです。

そうすると、どうして薄毛が治るのか分かりますから!

 

まず、アラフィフ女性の多くは、FAGA(女性男性型脱毛症)という種類の薄毛です。

 

そして昔はムリでしたが今ではFAGAは治せる薄毛です。

 

※具体的な薄毛を治す方法は記事の後半で紹介しています。

 

では、FAGAとは一体何なのでしょうか?

まずはFAGAについて説明していきますね。

 

アラフィフ女性の薄毛、原因はFAGA?

 

アラフィフ女性に多いFAGAとは?

FAGAは「女性男性型脱毛症」とも呼ばれる、男性ホルモンが原因の薄毛です。

 

女性も、男性の1/10~1/20くらいの量ですが男性ホルモンが分泌されています。

この女性ホルモンが豊富なうちは、男性ホルモンよりも女性ホルモンの影響が大きいので薄毛になりにくいのです。

 

男性よりも女性のほうがハゲにくいのは女性ホルモンのおかげ!

(※正確には女性ホルモンのなかでもエストロゲンというホルモン)

 

でも、アラフィフになると女性ホルモンの分泌量が急に減ります。

更年期、閉経の時期がまさにその女性ホルモンが減ってくる時期です。

 

女性ホルモンが少なくなると、そのぶん体内では男性ホルモンが濃くなります。

 

そして、濃くなった血液中の男性ホルモンは毛根に届くとDHTという悪玉男性ホルモンに変化します。

 

この悪玉男性ホルモンDHTが、髪を作っている細胞に「髪の成長を止める命令」を出してしまうのです。

 

これによって引き起こされる薄毛がFAGAです。

男性の薄毛だと同じDHTによる薄毛は「AGA」といいます。

 

FAGAの見分け方

では、FAGAかどうかを見分けるポイントを紹介します。

まずは、以下の項目があてはまるかどうか、チェックしてみてください。

 

  • 以前は違ったのに、生え際が産毛になった
  • つむじ部分が極端に薄い
  • 年齢が40代後半以上
  • 更年期の症状があり、その時期から薄毛が始まった

 

上記の項目に当てはまるなら、FAGAである可能性が高いです。

 

ちなみに、女性の薄毛の多くはFAGAと慢性休止期脱毛症の2種類に分けられます。

 

FAGAは男性ホルモンの影響が原因。

 

慢性休止期脱毛症は、FAGA以外の要因で起こる薄毛で、生活習慣や頭皮のダメージが原因ではないかといわれています。

(まだ医学的にはっきりとは解明されていません)

 

20代~30代の方であれば、慢性休止期脱毛症の可能性が高いので、生活習慣の改善で薄毛が治ることが多いでます。

 

しかし、アラフィフの方はFAGAの可能性が高いので、生活習慣の改善だけでは治りません。

 

 

アラフィフ女性の薄毛、対策は?どうやって髪を増やす?

 

アラフィフの薄毛を治すには、病院での治療が必要です。

といっても入院したり手術ではなく、風邪のように薬を飲んだり頭皮に塗ったりするのが基本です。

 

いまは病院で薄毛が治せる時代なのですよ!!

 

アラフィフ女性に多いFAGAは残念ながら、自宅ケアで治すことは難しいです。

 

先ほど説明したとおり、FAGAは「DHT」という悪玉男性ホルモンの活性化が関係しています。

 

市販の育毛剤や市販薬では、この「DHT」を抑えることはできないのです。

でも、病院で処方される薬ならDHTを抑えることができるのです。

 

薄毛の治療って、どんな病院に行けばいいの?

まず病院といっても何科に行けばいいのか分かりませんよね。

意外かもしれませんが皮膚科がいちおう、薄毛に対応しているのです。

 

でもあまりオススメできません。。

 

一般の皮膚科では、薄毛の治療として不充分だからです。

 

 

皮膚科ではなく、薄毛専門の病院をおすすめします。

「頭髪外来」という薄毛を専門にしてる病院があるのです。

 

一般の皮膚科がオススメでない理由

一般の皮膚科ではミノキシジルという薬を処方されます。

それも診察なんてほとんどしないで機械的に。。

 

その薬で効果が良くなかったら、もう他には何もしてもくれません。

それでも薬が出るだけまだマシなほうです。

 

恥ずかしい気持ちをグッとこらえて薄毛の相談に行ったのに、

「年齢のことなのであきらめてください」などと言われてしまう事も多いです。

 

命や健康に深くかかわらないのでまともに取扱ってないのです。

これが一般皮膚科の現状です。。。

 

一方、薄毛専門の病院はぜんぜん違います!!

 

まず薄毛の状態をしっかり診察してくれるし、薬の副作用なども考えて治療をしてくれます。

 

もし薬だけで治らなくても、他の専門的な治療ができるので、治るまでとことん向き合ってくれます。

 

あと、薄毛専門の病院では、医師や看護師があなたの気持ちにしっかり寄り添ってくれます。

 

薄毛が女性にとってどれほど辛いことで、どれほど真剣に治したいと思っているか。

多くの患者さんを見てきたからこそ、そういった気持ちを理解してくれるんですね。

 

薄毛は、薄毛治療専門の病院へ行きましょう。

 

おすすめの女性の薄毛専門の病院|東京ビューティークリニック

 

薄毛治療専門院の中でもおすすめなのが東京ビューティークリニックです。

東京ビューティークリニックは、女性の薄毛だけを専門にしている病院です。

 

女性専門では大手だし、おそらく実績も日本で1、2位を争うほど多いです。

 

当然、東京ビューティークリニックはアラフィフ女性の治療実績も豊富です。

実はこのページの始めに載せた写真は、東京ビューティークリニックで治療した女性でした。

 

出典:東京ビューティークリニック

 

東京ビューティークリニックをオススメしている理由をまとめますね。

 

  • 治療を受けた人の発毛実感率が99.4%
  • 完全個室なのでプライバシーが守られる
  • 髪の相談が365日無料(電話・メール)
  • 頭皮診断・カウンセリングが0円

 

治療を受けた患者さんの99.4%が発毛を実感しています。

この実績の高さは薄毛専門ならでは!!

 

やっぱり薄毛を治すのだから、実績があるところがいいですよね。

 

また他の患者さんと顔を合わせるのは、恥ずかしいし嫌なものですよね。

 

その点、東京ビューティークリニックは完全個室なので、他人に見られる心配がないんです。

プライバシーが守られるので、安心して治療に専念できます。

 

そして電話やメールでいつでも相談ができるのも大きなポイント!

薄毛の悩みって、家族や友人に相談するのは恥ずかしいですよね。

 

相談したところで、役に立つアドバイスがもらえるわけでもないですし……。

東京ビューティークリニックなら、発毛のプロがアドバイスしてくれるので心強いですよ。

 

こういう治療だけではないケアがしっかりしています。

 

「でも、私って本当に治療が必要?」

「値段が高そう」

「どんな治療なのかわからないから怖い!」

 

と思うかもしれませんが、そこも安心してください。

 

東京ビューティークリニックは、初めて行った時のカウンセリングと頭皮の診断を無料で受けられます。

 

お医者さんや看護師さんから治療法や治療費を聞きいた後に、治療を受けるか決めることができます。

 

治療内容やお値段に不安があったら治療をしないのもアリです。

 

まずは気楽な気持ちでカウンセリングを受けてみて、後のことはそれから考えましょう。

 

 

東京ビューティークリニックの治療ってどんなの?

東京ビューティークリニックがやっている治療について簡単に説明しますね。

 

まず基本は、薬による治療です。

内服薬と外用薬があって、1日に1回飲んだり頭皮に塗ります。

 

ちなみにその薬は「リバースレディ」や「パントガール」です。

 

「リバースレディ」とは、東京ビューティークリニックが開発したオリジナル発毛薬です。

ミノキシジルという薬がベースになっていて、発毛効果がある薬です。

 

「パントガール」は、世界で初めて効果と安全性が認められた、女性用の育毛剤です。

 

内服薬で、細胞代謝を高めて発毛を促すはたらきがあります。

副作用がないので長期間の服用も安心です。

 

薬で治らなかったら?

薄毛とひと言でいっても十人十色です。

薬だけでは十分な効果がでない場合もあります。

 

そんな場合は、薄毛専門クリニックならではの治療法もあります。

 

Dr’sメソ

発毛を促す成分を頭皮に注射する治療法(メソセラピー)です。

 

注射するのは「IGF-1」「VEGF」といった名称の成分で、まとめて「成長因子」といわれることが多いです。

 

麻酔をかけ、頭皮を冷やしたうえで、成長因子を注射をします。

薬物治療に比べると劇的な効果があり、進行した薄毛でも発毛効果が認められます。

 

効果が高い治療法として、薄毛治療の業界で注目を集めています。

 

 

植毛

自分の髪を、薄毛がひどい部分に移植する手術です。

 

薬やメソセラピーは、髪が生えるまで何度も通院を続ける必要があります。

しかし植毛はたった一度の手術で治療が完了するので、即効性という面ではダントツです。

 

しかし、植毛はその性質上、部分的な薄毛(つむじハゲなど)には向いていますが、全体的な薄毛には不向きです。

 

多くの女性は、全体的に薄毛になる(びまん性脱毛症)傾向があります。

そのため、植毛は女性の薄毛には向いていないかもしれません。

 

 

薄毛を治してアラフィフ生活を楽しもう!

アラフィフ女性の薄毛の多くは、加齢による女性ホルモンの減少が原因です。

そのため、生活習慣を見直しても、改善されないことがほとんどです。

 

しかし、いまは病院に行けば治療できます!

 

薄毛専門のクリニックで治療を受けて、薄毛の悩みとサヨナラしましょう。

 

 

人間として成熟し、日々を楽しむアラフィフ女性だからこそ。

薄毛治療を始めて、この先の人生をますます楽しみましょう!

  関連記事

 - 女性の薄毛治療