女性の薄毛

女性の抜け毛対策、育毛の情報を発信します

「話題の健康食品」が女性の「育毛」に与える効果とは?

     

2fce48f4

 

今回の記事のテーマは、「健康食品」と言われている食べ物の、育毛効果についてです。

 

女性は、自分の健康はもちろんですが、家族の健康にも気を配ることが多いと思います。

「健康食品」と呼ばれるものを、あなたも一度は試したことがあるのではないでしょうか?

 

そんな「健康食品」と言えば、いろいろな食品を思いつくと思いますが、今回の記事ではその中でも「キクイモ」と「黄金キビ」についてご紹介したいと思います。

体の調子を整えるだけでなく、女性の育毛力を上げる効果があるとして、今これらの食品が注目されているのです。

 

 

育毛力アップ!髪の悩みを解決する「キクイモ」の成分

「キクイモ」とは?

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

キクイモは、名前こそ「キクイモ」ですが、実際にはキク科の植物で「菊芋」と書きます。

原産は北アメリカで、日本でも各地で見ることがでる植物です。

花が菊に似ていて、根の部分が芋状のため、「菊芋」と名付けられたといわれています。

 

そんな菊芋の食用とされるのは、「」の部分です。

近年、このキクイモに含まれる「イヌリン」という多糖類に血糖値を下げる効果があるということがわかり、健康食材として人気が上がってきています。

 

キクイモの成分

そんなキクイモの新たな効果として、白髪を黒くしたり、抜け毛や薄毛を改善し、育毛力をあげる働きがあることがわかってきました。

 

男性の髪のトラブルが遺伝的な要素が強いのに対して、女性の髪のトラブルは加齢によって、通称「若返りホルモン」といわれる「DHEA」をはじめとするさまざまなホルモンの分泌が低下することに原因があると言われています。

髪のトラブルを抱える女性が、キクイモを食べ続けたところ、抜け毛や薄毛が改善され、育毛力があがったという結果が多く報告されています。

 

キクイモのどの成分によって育毛効果が高まったのかは、まだはっきりとは研究されていませんが、確実に女性の育毛力を上げる効果がキクイモにあることがわかっています。

 

血糖値の上昇をおさえる「キクイモ」効果

08211532_50332b7348e98

血糖値とは、血液中のブドウ糖を測ったものですが、糖尿病になるとその値が著しく高い状態になります。

血糖値はでんぷん質を含む食品を食べると上昇しますが、例えばジャガイモを食べると、ジャガイモのでんぷん質が胃液でブドウ糖に分解されます。

そうすると当然血糖値が上昇することになります。

 

しかし、キクイモは芋と名がつくにもかかわらず、糖質にでんぷんを含んでいまないのです。

キクイモの主成分はイヌリンという「多糖類」なのです。

つまり、キクイモを食べても、血糖値が上がることはないのです。

 

血糖値を下げるイヌリン

キクイモの効果はそれだけではありません。

キクイモのエキスを一定期間飲み続けると、著しく血糖値が好転したケースが多く報告されています。

現在のところ、イヌリンそのものが糖尿病に効くというはっきりとした研究結果は出ていませんが、これまでの症例を踏まえて考えると、キクイモの主成分イヌリンそのものが、糖の代謝を活発にして、血糖値を下げる可能性があるということが予測されています。

 

血糖値の上昇をおさえるキクイモ。

まだまだ成分としてはっきりと研究結果はでてはいませんが、体の調子をととのえ、育毛力を上げる「女性の強い味方」であることは間違いありません。

 

 

男性ホルモンを抑える「黄金キビ」の効果とは

昔から親しまれてきた黄金キビエキス

millet

スイスでは、200年以上昔から、収穫した黄金キビをしぼったものを薬として飲む習慣があります。

とくに黄金キビをとると出産後の女性の弱った髪の毛にツヤとハリが戻り、1本1本が太く、強くなると信じられてきました。

 

このような黄金キビと育毛の関係性については、近年、科学的な面からも実証されています。

それは、「植物性ステロイド」という成分の働きによるものです。

 

植物性ステロイドの効果

人間のステロイドは、副腎から分泌されているホルモンのひとつで、強力な抗炎症作用免疫向上効果を持ち、ストレスなどで変調をきたした体を元に戻す作用を持っています。

それと同じような作用を持つ植物性の成分を「植物性ステロイド」といい、有名なものに大豆イソフラボンなどがあります。

 

育毛の天敵!「男性ホルモン」を抑える効果も

黄金キビのステロイドには、なんと男性ホルモンの「テストステロン」を抑制する働きがあるのです。

テストステロンには無根にある毛母細胞の働きをおさえる作用があり、これが強すぎると、抜け毛や薄毛、髪のツヤがなくなるなどの女性の髪のトラブルが起きやすくなってしまうのです。

 

黄金キビの植物性ステロイドがテストステロンの働きを抑えることによって、毛母細胞の働きが高まり、髪に栄養が補給されるのです。

 

 

黄金キビの「育毛効果」の検証結果

体験者の7割にあらわれた育毛効果

男性45名、女性36名の方に、平均して5ヶ月間「黄金キビ」のサプリメントを摂取した結果、約70%の被験者に「極めて有効」、「有効」などの育毛効果があらわれました。

 

同時に、「爪の縦ジワがなくなり、割れにくくなった」「シワが目立たなくなった」などの声も上がりました。

 

 

 

黄金キビのその他の成分

黄金キビの植物性ステロイドには、メラニン色素を合成する働きもあります。

メラニンは髪を黒くする成分ですから、白髪の回復に効果があるということになります。

 

植物性ステロイドの他にも、黄金キビには髪によいとされる「」や「」などの多糖類のミネラルがバランスよく含まれています。

また、細胞膜の形成に欠かせない「リノール酸」などの精油成分も豊富に含まれています。

 

細胞膜は、栄養を取り入れて毒素を排出するなど重要な役割をもっており、当然、毛母細胞にもあります。

黄金キビの精油成分の働きによって、毛母細胞の細胞膜が修復されることで、髪の毛の健康を取り戻し、育毛効果が上がるということになるのです。

 

どうしたら黄金キビを手に入れられるの?

itamil_2

「黄金キビ」についてこれまでご紹介してきましたが、「黄金キビ」はどこで手に入れることができるのでしょうか。

 

ふと日常を思い返してみても、「黄金キビ」はあまりスーパーやお店では見かけないと思います。

実は黄金キビは日本では生産されてなく、すべて輸入されたものになります。

残念ながら穀物のカタチでは日本に入ってきていないため、サプリメントとして摂取するのが一般的になります。黄金キビのサプリメントは、市販されているので、わりと簡単に手に入れることができると思います。

 

植物性ステロイドは、動物性と比べて作用が穏やかなため、副作用の心配が少なく、継続して適量を摂取すれば、遅くとも3週間で効果を実感することができると言われています。

 

 

まとめ

私たちは、年齢を重ねたり、環境の変化によって、体調や体質が日々変わっていきます。

女性にとってかけがえのない「美しい髪」も、さまざまな原因でトラブルに見舞われてしまうことがあります。

 

そんな「髪のトラブル」を改善してくれるのは、身の回りにある自然界の成分なのです。

 

今回の記事では、キクイモと黄金キビについて注目しましたが、他にも女性の抜け毛や薄毛を改善し、育毛力を上げてくれる食材は数多く存在します。

 

大豆、小豆、マイタケ、イチョウ、アロエ、黒ゴマ、にんじん、キャベツ、、、などなど、身近な食品や植物にも多くの育毛成分が含まれています。

 

毎日の食卓に、女性の強い味方である「育毛食」を取り入れたり、サプリメントとして「黄金キビ」を摂ることで、薄毛や抜け毛の予防、対策を行っていきましょう。

 

 

 

 

 

  関連記事

 - 女性の抜け毛 , , , , ,