女性の薄毛

女性の抜け毛、薄毛の対策。オススメのシャンプー・育毛剤や、病院での治療を解説!

女性も脱毛で悩む?女性特有の抜け毛とは3

     

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-05-PAK57_konoatodoushiyoukanato-thumb-1000xauto-15669

 

前回の記事では、「最近抜け毛が多い」や、「髪の毛全体のボリュームが減ってきた」など、抜け毛が多く、脱毛症の心配がある方にチェックしていただきたい項目を下記のように紹介いたしました。

 

  1. 平均的な睡眠時間
  2. 朝、昼、晩の食事の内容と時間帯
  3. 一週間のうちの、運動をする時間
  4. 趣味の時間と仕事の時間の割合
  5. お酒はどのくらいの頻度で飲んでいるか、量は適切か
  6. ストレスを感じているか、また、どんな時にストレスを感じるか
  7. ダイエットや食事制限を行っていないか
  8. 脱毛以外に、体力や視力の衰えは感じないか

 

今回の記事でも、前回に引き続き生活習慣のチェックの方法を紹介していきたいと思います。

 

脱毛症かも!と感じたときにチェックしておきたいこと

4.趣味の時間と仕事の時間の割合

女性の脱毛症には、様々な原因が考えられますが、一般的に多い原因はストレスによるものです。

最近、ストレスがたまり気味、、、と感じる方も多いかもしれませんが、案外そのストレスの一番の原因が何であるかを知ることは、難しかったりするものです。

「ストレス解消」「ストレスの元を絶つ」ということは、意識的に行ったとしてもなかなかうまくいかないもの。あまり難しく考えすぎるのも、またストレスを生み出す原因になってしまうこともあります。

ここでは、「ストレス」という原因を見つけ出すことよりも、「仕事」と「趣味」(プライベート)というカテゴリーにわけ、生活の中でどのくらいの割合をそれぞれに使っているかを考えてみることをおすすめします。家庭を持っている方は、「仕事」と「プライベート」に加えて、「家事」の時間を加えてそれぞれの時間のバランスを振り返ってみましょう。

 

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-06-SEP_327215200714-thumb-1000xauto-16089

 

ここで重要なことは、仕事の時間が多い、趣味の時間が少ない、という時間のバランスよりも、バランスは少なくとも、リラックスできる時間を作り出すことができているかどうか、ということがポイントになってきます。

ストレスが多い方は、案外まったくといって良いほど、趣味やリラックスできる時間が一日の中、一週間の中でとることができなかったり、全く休みを取ることができない、休みの日でも仕事の内容が頭から離れない、といったような傾向が多いのです。

「仕事と趣味の時間の割合がおかしい」、「振り返ってみると、趣味の時間はとれているがリラックスはあまりできていない」と感じた方は、時間の作り方や、自分の時間の中でやっていることを改めてみることが良いでしょう。

 

5.お酒はどのくらいの頻度で飲んでいるか、量は適切か

抜け毛や薄毛などの脱毛症に悩む場合、先述でも述べたように、ストレスが大きな原因となることが多いです。

ストレスを抱えることで、髪の毛に負担を与えるのですが、そのストレスを解消したいがために暴飲暴食などをしてしまうと栄養面の観点からも、髪の毛に多大なダメージを与えることになります。

ここでは、ストレスと結びつきの強い「飲酒」について振り返ってみていただきたいと思います。

 

少量では薬だが、量を間違えると身体に大きな負担がかかる

お酒は、適量の場合は身体をリラックスさせ、精神的にも開放的になり、ストレスの解消にとてもよい効果を発揮します。

ですが、量を間違えたり、過度の飲酒を繰り返してしまうと身体的にとても大きな負担がかかるため、かえってストレスを溜め込んでしまうことになります。

人によってアルコールの強さは異なりますので、一概に「ビールは2本、日本酒は1合まで」などという制限をかけることはできませんが、昔から「お酒はほどほどに」と言われているくらいですので、自身でコントロールをする気持ちを持つことが大切です。

もし、ストレス解消のため、アルコールを過度に摂取することが日常的になってしまったらどうなるでしょうか。

飲み会の席やお酒の酔いのおかげで、一時的に抱えているストレスは解消されるかもしれませんが、飲みの席では脂っこいおつまみや食事が増えるため、栄養のバランスが偏りがちになります。

また、アルコールを分解するために肝臓に負担が大きくかかってしまいます。日常的に取り込んでいる食品添加物や、その他の腐敗物、毒素なども肝臓では分解しているため、それらの分解する働きも低下してしまいます。ですので、疲れやすくなってしまったり、体全体の調子が悪くなったりすることもあります。

それだけではなく、お酒を飲み過ぎると大抵の場合は夜の就寝が遅くなってしまいます。睡眠時間が削られるだけでなく、アルコールが作用して睡眠が浅くなり良質な睡眠を取ることができなくなってしまいます。また、体温の上昇により寝汗も多くかくため、頭皮からの汗で頭部が蒸れ、髪の毛や毛根に知らないうちにダメージを与えてしまうことになります。

 

ストレス解消によかれ、と思って飲んでいた大酒は、身体の負担だけでなく、頭髪の負担の原因にも成り得るのです。

もし、抜け毛や薄毛が気になるようでしたら、生活習慣を一気に狂わせる可能性を秘めた、「飲酒」について、振り返ってみることを強くおすすめいたします。

あなたにとっての「適量」と、日常生活を送る中で無理のないようなお酒との付き合い方を、「髪の毛の健康」のため考えてみるのはいかがでしょうか。

 

ストレスを感じているか、また、どんな時にストレスを感じるか

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-06-VER88_keitaimachiuke15150305-thumb-1000xauto-17300

 

抜け毛、薄毛などの脱毛症は、男女共にストレスが大きな原因となる、というお話はこれまでにしてきました。

また、ストレスを感じている場合でもそのストレスの原因を見つけ出すことはとても難しいため、生活パターンから仕事と趣味などの時間を考えなおす、という方法についてもご紹介いたしました。

しかし、一番良いことはストレスの元を見つけ出し、その解決方法や問題との向き合い方を自分自身で見つけ出すことです。

ただ、前述したようにストレスの原因を見つけ出すことは容易ではありません。

また、ストレスに感じることをすべて上げていくと、案外キリがないものです。

満員の通勤列車、職場の同僚の立ち振舞や言い回し、家族や恋人に振り回されること、、など、自分が原因というよりは他人との関わりの中で感じるストレスが、とても比率が多いものだと思います。

そのようなストレスは、問題を解決することは非常に難しいのですが諦めてはいけません。

ストレスとは、解決、解消するだけでなく、うまく付き合っていくことでよい状態を作ることが可能なのです。

 

ストレスとの付き合い方

まずは、ストレスに感じることをすべて書き出してみます。そして、自分自身が「この場面でストレスを感じている」という自覚を持つことが重要になります。

人は、自分自身の状態のことを、知っているようで案外知らないものです。

当たり前に思っていることでも、意外と負担となっていたり、振り返ってみるとどうってことなかったりすることがあるものです。まずは、ストレスに感じると思うことを書き出してみて、その中で自分を客観的に見てみることで、ストレスと感じることとどのように付き合えば良いのか、考えてみましょう。

ストレスを解消するためには、何がストレスになっているのかを見つめなおすことが、問題解決への第一歩となります。

 

 

このように、飲酒やストレスについて振り返ってみると、髪の毛は他の身体の仕組みと同じように、生活習慣に大きく左右されるということがわかったと思います。

抜け毛や薄毛は、日々の細かな生活と密接になっているので、逆に考えると普段の生活から、抜け毛や薄毛を予防することも可能だということです。

ぜひ、今日から生活習慣を振り返り、髪の毛や身体のためにも健康な毎日を送って行きましょう。

 

 

  関連記事

 - 女性の抜け毛 , , ,