女性の薄毛

女性の抜け毛、薄毛の対策。オススメのシャンプー・育毛剤や、病院での治療を解説!

女性も脱毛で悩む!?男性と女性の抜け毛の違いとは

 

be5925423cf8eb7a6f2a1566992c7946_s

 

「抜け毛」と言われたら、一般的には男性のイメージ

一般的に、「抜け毛で悩む」というイメージは、男性特有のものだと思われています。

確かに、街を歩けば様々なファッションや、ボディスタイルなど、

街行く人々の外見に目が行きがちで、

そんな中、ハゲていたり、あの人、髪の毛が少しうすい、、と声にだしていうことは、はばかられますが、たいていそういった人は男性であるかと思います。

 

しかし、一般的には男性が「ハゲている」「薄毛に悩んでいる」など、思われがちですが、

その悩みは、なにも男性特有の症状ではありません。

 

 

女性も「抜け毛」で悩むことがある!

そうです、抜け毛や薄毛は、女性にも生理的、時には病気的な原因で発生するのです。

見たことがない方が多いかもしれませんが、

日中のテレビコマーシャルでは、意外と女性向けの「抜け毛」に関する、

「カツラ」や「育毛剤」などの宣伝が多かったりするのです。

 

一般的には、存在はしますが、イメージが少ない「女性の抜け毛」。

しかし、イメージが少ないからこそ、その悩みを解決しにくかったり、

いざ自分が「抜け毛」や「薄毛」になってしまったときに、

どうすれば良いのか、の相談や方法がわかりにくくなっています。

女性は、どんな時に抜け毛や薄毛になってしまうのか、そして、どうすれば改善することができるのか、それらのことをこの記事で考え、紹介していきたいと思います。

 

ちなみに、男性の場合はどうか

女性の抜け毛に関する考察を前に、簡単に一般的な男性の抜け毛や薄毛に関して考えてみたいと思います。

まず、「抜け毛」「薄毛」「はげ」のキーワードとして、男性ですぐイメージがわくことが、

 

1.おじいちゃんなどのお年寄り

2.偉い人

3.ストレスが多い人

4.遺伝的なもの

 

だと思います。

とりわけ、年をとってくると男性はみなハゲる、というイメージも少なくないかと思います。

男性のハゲたりする原因のひとつとしてよく言われることが、男性ホルモンが多くなると、ヒゲや胸毛などは多くなるが、頭髪は少なくなっていく、ということです。

また、遺伝的な要因も大きく関係しているといわれており、自分の父親や、祖父などがハゲている場合、たいていの確率で、ハゲてしまうことが多いことがあり、若いうちからあきらめている方もいらっしゃるようです。

ただ、男性の場合は、ハゲてしまっても、一般的に著名人や歴史上の人物、まして江戸時代以前の髪型などは、「ハゲ」を最大限意識したヘアースタイルだったこともあって、市民権を得たビジュアルだと言ってよいかと思います。

たとえハゲたとしても、男は中身で勝負、だなんて思っているかどうかはわかりませんが、

そこまで意識しすぎるようなことはないかもしれません。

 

ただ、女性がもしハゲてしまったり、髪の毛が薄くなってしまった場合は、男性のように「気楽に」考えることは容易ではないかと思います。

 

女性がハゲてしまった場合、どうなるか

lgf01a201501070100

 

男性と異なり、女性がもしハゲてしまった場合はどうなるでしょうか。

一般的に「ハゲ」といわれてイメージができる形は、

・M型ハゲ

・円形型ハゲ

・バーコードハゲ

・スキンヘッド型ハゲ

・武士型ハゲ

 

仮に街で歩く女性が、ワンピース姿で上記のヘアースタイルだった場合、どうなるでしょうか。

ひときわ目立ち、女性は少なくとも帽子などで頭部を隠すことは間違いないでしょう。

上記のような男性的な極端な禿げ方は、少ないかもしれませんが、

女性の場合は、特にヘアースタイルを気にするため、

少しでも髪のボリュームが減ったり、おでこが広くなったりするだけで、他人からの目線が気になることが

多いかと思われます。

 

もし、そうなってしまったら、、、

女性は美に関して人一倍気にかけるもの。

仕事や人と会う現場では、自信を持てなくなったり、プライベートでも外出を控えることが少なくない状態になってしまう可能性が高いです。

ハゲは男性特有の悩み、そんな風に考えることは大きな間違いです。

女性にも抜け毛や薄毛で悩みはあり、むしろ男性よりも深刻な場合が多いものです。

 

女性にとっての抜け毛、薄毛とは、どのようなものなのか。

そして、どんな原因で症状がでるのか、考えていきたいと思います。

 

どんな時に女性は抜け毛、薄毛になってしまうのか

では、女性はどんな時に髪の毛が抜けてしまったり、全体的に薄毛や髪のボリュームが減ってしまうのでしょうか。

男性と同じく、ストレスは髪の大敵ですので、様々なストレスが原因で、髪の毛が薄くなってしまうことは多いと思われますが、まず、ここでは、女性特有の原因、(男性は生理的に起こりにくいこと)を紹介していきたいと思います。

 

女性特有と言えば、妊娠と出産。抜け毛に出産が関係する??

lgf01a201403110700

 

男性になく、女性特有の身体機能といえば、妊娠出産ですね。

妊娠と出産は、女性自身の身体の構造や重量、ホルモンバランスなど、劇的に変化するタイミングです。

では妊娠と出産は、女性の抜け毛や薄毛に関係があるのでしょうか。

 

未婚の男性や子供がいない男性には一般的ではないかもしれませんが、妊娠出産関係の雑誌や婦人誌などでは、薄毛や抜け毛に対する情報がとても多く扱われています。

基本的に、産後女性は、一時的に髪の毛が抜けることが多いとされています。

出産にエネルギーを使い果たしてしうと、ハゲてしまうのか?と心配される方もいるかもしれませんが、ハゲてしまうわけではなく、「抜け毛」が多くなる、といった症状が一般的にあるようです。

 

妊娠、出産はとても神聖な出来事ですが、その分身体的、精神的苦労もとても多くなります。

産後は「マタニティブルー」といって、一時的に鬱のような症状になることもあるので、そんなナイーブな時期に「抜け毛」が発生すると、居ても立ってもいられなくなり、夫婦関係も気まずくなりがち、、、そんな状況も少なくないかと思います。

お産後の一時的な抜け毛の原因をしっかりと知っておけば、対策や、精神を少しは楽にできることでしょう。

 

出産後の抜け毛の原因とは

出産後の抜け毛の大きな原因は、お産にエネルギーを使い果たしたわけではありません。

その原因とは、「ホルモンバランス」の変動にあります。

お産をするために、女性の身体の中は妊娠直後から様々な機能の変化が見られますが、それらのほとんどが、ホルモンの分泌量が変化することによって作られて行きます。

 

妊娠期間から、出産に至るまでの間に変化していったホルモンバランスが原因で、抜け毛が多くなるといわれています。

ただ、こちらの原因は一時的なものと言われている理由は、産後半年、一年ほどすると、身体の構造も徐々に通常に戻ってくるため、抜け毛も収まる傾向が多いからです。

 

女性の出産後の抜け毛に関する詳しい内容は、また別の記事で細かく紹介していきたいと思います。

 

女性特有の原因は、他にどんなことがある?

男性と比べて、抜け毛、薄毛の女性特有の原因の一つとして、妊娠、出産を簡単に紹介しました。

それでは、女性には他にどのような原因が考えられるでしょうか。

 

様々な原因がありますが、中でも次に女性的なものは、「ヘアスタイル」に関するものです。

髪を束ねたり、強くヘアゴムなどで引っ張るヘアスタイルをする女性は、意外と脱毛に悩む方場合があるようです。

髪質や、毛根は人によって強度や状態が異なりますし、環境や体調によっても変化することが多いものです。

先述したように、ストレスも大きな原因になりえますが、

髪を長時間引っ張る」ような髪型も、抜け毛の原因の一つとして、今考えられるようになってきました。

 

髪型と抜け毛に関する因果関係も、また別の記事で詳しくご紹介していきたいと思います。

 

  関連記事

 - 女性の抜け毛 , , , , ,