女性の薄毛

女性の抜け毛、薄毛の対策。オススメのシャンプー・育毛剤や、病院での治療を解説!

女性に多い【びまん性脱毛】の原因、見分け方、治療法を徹底解説!

     

女性の脱毛症のなかで一番多いと言われているのが「びまん性脱毛症」です。

 

圧倒的に女性に多いこの脱毛症の原因には女性特有の特徴があります。

 

今回の記事では、「びまん性脱毛症」の原因、見分け方、治療法について紹介します。

 

とくに治療法は、↓のようにかなり髪が増える方法をご説明しています!

 

びまん性脱毛症とは?

びまん性脱毛症とは、髪が全体的に薄くなってしまう脱毛症です。

この症状は、男性よりも圧倒的に女性に多い薄毛です。

 

髪全体のボリューム感がなくなるので見た目の年齢が老ける怖さがあります。

髪がぺちゃんこだと、実年齢よりも8歳くらい上に見られるみたい。。。

 

ショック過ぎませんか。。

 

びまん性脱毛症の参考写真

出典:専門医が徹底解説! 女性の薄毛解消読本 | 元神賢太 | 幻冬舎メディアコンサルティング

 

ちなみに「びまん性」は医療用語で全体に広がる、という意味です。

びまん性とは、病変がはっきりと限定することができずに、全身や臓器など広範囲に広がっている状態

引用元:看護roo

 

びまん性脱毛症は大きく分けると2タイプある

びまん性脱毛症というのはもっと厳密にいえば、大きく2タイプに分けられます。

 

慢性休止期(まんせいきゅうしき)脱毛症と、

 

FAGA(女性 男性型脱毛症)です。

 

ほかにもありますが、この2つに該当する女性が多いです。

 

 

薄毛の症状としてはどちらも全体的に薄くなるのに、じつは原因が違うんです

だから治療法も違います!

 

 

FAGAの原因|びまん性脱毛症の原因

FAGAは日本語で女性 男性型脱毛症といいます。

日本語だと、分かりにくい名前ですよね。

 

男性の脱毛症(AGA)と同じように、男性ホルモンが原因になっている薄毛です。

 

主に年齢が40代後半からの薄毛の多くがこのFAGAだといわれています。

 

女性の薄毛専門医の高橋先生の書籍によると、50代以降では半数以上がFAGAとのことです。

 

年齢を重ねると女性ホルモンの分泌って減りますよね。

そうすると男性ホルモンの影響がだんだん大きくなってしまうのです。

 

男性ホルモンは頭皮のなかで5αリダクターゼという酵素によって、DHTという特殊な男性ホルモンに変化します。

 

(名前は覚えなくて大丈夫ですよ!)

 

そのDHTが、髪を作っている毛母細胞に対して成長をストップする命令を出すのです。

 

だから髪が太く長く伸びなくなるんです。

これがFAGAの原因です。

 

女性ホルモンの減少、と聞いて「ピン」と来るならこちらを読みましょう。

あなたがFAGAなのかを見分けるポイントを解説しています。

 

FAGAを見分ける4ポイント

 

 

慢性休止期脱毛症の原因

じつは慢性休止期脱毛症が起きる原因は、FAGAみたいに医学的にきちんと原因が解明できていません。

 

ただ、一般的にクリニックや専門書などでは生活習慣がおもな原因になっていると説明されています。

 

原因になりがちな生活習慣をまとめました。

説明かなり長くなりましたけど。。

 

1.女性ホルモンバランスの崩れ

女性ホルモンの一つ、エストロゲンは髪の毛を成長させる育毛効果があります。

 

だから女性ホルモン分泌が減ると髪の成長が弱くなります。

 

しかも女性ホルモンは繊細で、些細なことや良くない生活習慣でバランスが乱れます。

 

加齢

年齢を重ねていくことにより女性は女性ホルモンの分泌量が少しずつ減ってきます。

 

20代後半が分泌のピークで、更年期を境にその量はぐっと低下してしまうため、40代、50代で髪質や薄毛が目立つようになるのもそのためです。

 

参考記事:更年期とは

 

睡眠不足

生活習慣が乱れると生理不順が起こるように、女性ホルモンのバランスは崩れやすくなってしまいます。

 

睡眠不足はその代表例です。

 

夜遅くまで仕事をしている女性が増えているので、この原因で脱毛症になる人が近年は多くなってきました。

 

出産・ピルの服用

妊娠をすると女性ホルモンが多く分泌されますが、産後はその量が一気に低下します。

 

また、ピルを服用している時も女性ホルモンが増えてしまうため、服用をやめた後に女性ホルモンがグッと減ります。

 

一時的な抜け毛や薄毛で6ヶ月程度で元に戻ることが多いですが、慢性化する事もあります。

 

ストレス

ストレスをためてしまうと、ホルモンバランスや自律神経の調子が崩れてしまいます。

これは経験した事がある女性も多いのでは?

 

ストレスでハゲるのは本当です。

会社で働いていたり、子育てが忙しかったりすると溜まりますよね。。

 

運動不足

運動は女性ホルモンの分泌量を適切に調整する効果があります。

 

なので、運動不足になると女性ホルモンが減った時に分泌量を増やしてくれにくくなります。

 

デスクワークの女性だけでなく、歩くことが少ない人は注意が必要です。

 

2.栄養不足│びまん性脱毛の原因

free-illust30125

栄養不足になると、髪の毛を作るための材料が不足することになります。

 

髪は特に血余(けつよ)といって、体中にビタミンやアミノ酸などが行き渡って、それでも余った栄養が最後に届く場所です。

 

だから、栄養が不足すると真っ先に髪に栄養が届かなくなるんです。

 

それでびまん性脱毛症の原因になります。

 

健康的な髪を良くつくるために必要な栄養素は、ビタミンB群、ビタミンE、タンパク質、亜鉛、鉄分です。

 

ダイエット(食事制限)

食事制限をするダイエットは当然ですが、栄養不足になりがちです。

 

運動して代謝を上げるダイエットなら大丈夫ですよ。

 

偏食

野菜嫌いや、お肉ばっかり食べてしまう。

脂っこい食べ物が好きなどの偏食ももちろん栄養不足になります。

 

関連記事:女性の薄毛対策!健康な髪を保つ食事とは?その1

 

 

3.頭皮トラブル│びまん性脱毛の原因

びまん性脱毛は頭皮トラブルが原因のこともあります。

頭皮環境が悪いとうまく髪が生えてくれません。

 

健康な頭皮の色は青白いのが普通です。

そうなっていないなら頭皮環境が悪いかもしれません。

 

血行不良

頭皮が血行不良を起こすと、髪を作る細胞まで血中の栄養が効率よく届きません

 

身体をよく冷やす、パソコンやスマホの見過ぎで眼精疲労、肩こり、タバコの吸い過ぎなどで血行不良が起きるので注意してください。

 

カラー・パーマ・縮毛矯正

カラー、パーマ、縮毛矯正に使われる液剤は、キューティクルを破壊するためにアルカリ性でできています。

 

頭皮は弱酸性なので、アルカリ性だと肌に刺激が強いんです。

 

しかも液剤は数日間、毛穴の奥や髪の内部に残って、肌をかぶれさせたりします。

 

20代のころにずっとパーマをしていた影響が30代になってびまん性脱毛症として出てくる、なんて可能性があるのです。

 

油ものばかりの食事

油っぽいものを多く食べると、頭皮に余分な皮脂が出過ぎます。

増えすぎた皮脂が毛穴をつまらせたり、酸化による炎症を起こして脱毛症につながります。

 

女性の薄毛対策!健康な髪を保つ食事とは?その1

 

シャンプーで対策もできますが、根本的にはやはり生活を直さなければ

薄毛が解消されることはありません。

 

頭皮に合わないシャンプー

添加物に被れていたり、刺激の強すぎるシャンプーを使っていませんか?

市販されているシャンプーは刺激が強い「石油系」といわれる種類です。

 

頭皮を保護するために必要な皮脂まで全部あらない流してしまうことで、頭皮乾燥や炎症を起こすなどの問題を引き起こします。

 

その他

湿気や乾燥も頭皮にはよくありません。

 

長時間帽子を被ると蒸れてしまったり、紫外線に直接あてると乾燥や日焼けなどで頭皮に負担がかかります。

 

春〜夏の外出時は帽子をかぶり、室内では脱ぐと頭皮への負担が少なくて良いですね。

 

 

びまん性脱毛の見分け方、特徴

あなたが、びまん性脱毛症なのかを見分けるポイントを説明しますね。

 

びまん性脱毛症は少しずつボリュームダウンするから自分自身で、その初期症状に気付きにくいんです。

 

早く気付ければそれだけ早く治せます。

ここでしっかり見極めを!

 

FAGAを見分ける4ポイント

まず、あなたがFAGAかどうかを見分けましょう。

 

FAGAは特徴がハッキリしているので、比較的わかりやすいです。

 

薄くなった箇所と年齢、それから更年期症状が見分けるポイントです。

 

  • 以前は違ったのに、生え際が産毛になった。
  • とくにつむじ部分が極端に薄い
  • 年齢が40代後半よりも上
  • 更年期症状の時期に薄毛になった

 

これに該当したならFAGAの可能性が高いと考えて良いです!

 

そしてFAGAは治療する方法がかなり限られます。

体内の男性ホルモンのせいで薄毛だからね。。

 

あなたが自分でFAGAの可能性が高そうだと思うならコチラを読んでください。

 

FAGAの治療方法【2選】

 

 

自分はFAGAじゃない、と思ったならここから下のポイントで見極めましょう。

 

 抜け毛が増える

55386

日常的な抜け毛の量が増える事があるようです。

あなたの抜け毛の量、平均的な範囲ですか?

 

シャンプー時に抜け毛が多い女性は要注意!?の記事で詳しく紹介しましたが、健康な女性の1日に抜ける「自然抜け毛」は約90本といわれています。

 

ドライヤーやシャンプー時など、合計して1日に90本以上の髪の毛が抜けていそうな日がずっと続くようなら、びまん性脱毛の可能性を疑いましょう。

 

髪のボリュームが減る

びまん性脱毛の第2の特徴は、髪のボリュームが減ることです。

 

手ぐしで普段よりも手にかかる髪が少なく感じたり、鏡で見て地肌が目立ってきた気がしたら頭頂部をスマホで撮影してみましょう。

 

ただ、自分ではどうしても気付きにくいので、いつも行っている美容室の担当の人に「薄くなってると感じたらハッキリ教えて」と伝えておきましょう。

 

 

髪にハリ・コシがなくなる

セットしようとしても髪が寝てしまってうまく決まらない。

前はそんなことなかったのに、夕方ごろになると髪がペタンと寝てしまう。

 

など、以前の自分と比べて髪が弱くなった感じがしたらそれは初期症状かも。

ただこれも年齢でコシがなくなったのと違いが分かりにくい…

 

新しい髪の毛が生えにくい状態

髪が抜け落ちた後に新しい髪の毛が生えにくかったり、細く弱い髪しか生えない状態になっています。

 

髪の毛にはヘアサイクルといって、髪の毛が成長したり休んだりする期間があります。

びまん性脱毛症になると、この髪の成長を休んでいる毛の割合が高くなります。

 

関連記事:髪の毛の基礎知識:髪の寿命

 

これは気づくのはかなり難しいですけど。。

 

 

慢性休止期脱毛症の治療法

ご自身の思い当たる原因に合わせてチェックしてみてください。

 

注意点としてFAGAの症状の人はこの方法では薄毛を治すことはできません!

あなたがFAGAでは無さそうなら場合だけ参考にしてください。

 

睡眠不足

睡眠不足を解消するポイントは、

 

  • 毎朝同じ時間に起きる
    ( 前日に遅く寝始めたとしても同じ時間に起きると良いです。)
  • 寝る直前はテレビ、スマホを見ない
  • 就寝から6時間以内はカフェインを摂取しない
  • 日中は日光に当たる

 

量だけでなく質も大切です。レム睡眠、ノンレム睡眠の質を意識しましょう。

参考記事→レム睡眠とは?

 

出産後

出産後の6ヶ月くらいまでの脱毛症は、放っておいても治る場合が多いです。

 

自分でできる治療法としては大豆イソフラボンを積極的に摂ること。大豆イソフラボンは女性ホルモン様作用といって女性ホルモンをサポートする働きがあります。

納豆やお味噌に豊富に含まれています。

 

生理周期の乱れがある方はそちらにも効果が出るかもしれません。女性ホルモン由来の健康トラブル全般の改善が期待できます。

 

ストレス

これはストレス発散を定期的にするか、原因を解消するしかありません。

転職が必要だったり、離婚が必要だったりとなかなか難しい場合も多いのですが..

 

血行不良

毎日、湯船に使ってリラックスすると良いですね。

身体も温まりますし、筋肉の緊張がほぐれて血行を良くしてくれます。

 

栄養不足の治療

亜鉛、たんぱく質、ビタミンB6,B12、ビタミンEが髪の成長にとても大切です。

ダイエットをしていると、お肉を食べない人も多いためタンパク質不足になりがちです。

 

バランスの良い生活を意識しましょう。

忙しかったり、料理が苦手な人はサプリで補うこともできます。

 

詳しくは自宅でできる「びまん性脱毛症」対策!食事治療とおすすめ育毛剤のページに内容をまとめてあります。

 

頭皮トラブルの治療

これが原因で薄毛になっている人は頭皮のかゆみ、フケ、炎症、乾燥、ベタつきが起きているかもしれません。

 

美容室で毎回パーマ、カラーしているなら止めてみる。

 

シャンプーはドラッグストアで買う安いものではなく、アミノ酸シャンプーで添加物が少ないものにする。

 

おフロで頭皮マッサージを1分毎日してみる

などが有効です。

 

マッサージのときに女性用の育毛剤を使うとより、効果が見込めます。

 

オススメは育毛剤「ミューノアージュ」です。

 

4ヶ月以上ミューノアージュを使い続けた女性の92%の人が抜け毛や薄毛へ効果を実感している、かなり品質の高い育毛剤です。

 

出典:ミューノアージュ公式サイト

 

それは薄毛治療をしている病院が開発している育毛剤だからこその実績ですね!

 

1980円のミニボトルがありますので、お試しも手軽なのが嬉しいです。

もっと詳しいことはメーカーHPを参考にしてください。

 

ミューノアージュをもっと詳しく|ミューノアージュHP

 

 

FAGAの治療方法【2選】

 

FAGAの治療法は、日本には2つしか無いんです。

 

  • リアップリジェンヌを使う
  • 薄毛の専門病院に行く

 

リアップリジェンヌ

FAGAに対して発毛効果が認められている日本では唯一の発毛剤です。

楽天市場やドラッグストアでも購入できます。

 

 

成分にミノキシジルが1%配合されています。

このミノキシジルが日本で唯一の発毛効果がある成分なんです。

 

一般的には皮膚科で処方箋をもらって薬局で購入します。

でも、薬剤師がいるドラッグストアでも購入ができるんです。

 

この後に説明する病院治療よりお金がかからないのが嬉しいんですけど

発毛効果もほどほど。。

 

これで以前のようなボリューム感のある髪まで戻れるかというと疑問です。。

 

もし症状が軽めなら、まずはリアップリジェンヌから始めてみましょう。

 

【第1類医薬品】大正製薬 リアップリジェンヌ|楽天市場

 

薄毛の専門病院にいく

もしスカスカ感を感じるほど薄くなっているならリアップリジェンヌだとちょっと効果は物足りないと思います。

 

そこで専門病院での治療です。

 

旦那様に「ママ、髪が増えたね!」といわれる人が続出です。

 

髪が増えると褒められたり、髪型を変えて楽しんだりと嬉しいことがいっぱい!

やっぱり髪って大切だなって思います。

 

ちなみに、このページの最初に載せたビフォーアフター画像は病院での治療の結果です。

 

 

病院ではほとんどの女性が発毛に成功しています。

 

FAGAの人は絶対にオススメですが、それ以外のびまん性脱毛症の女性でも本気で髪を生やすなら病院がベストです。

 

最大手の女性の薄毛を専門にしているクリニックを1つ紹介しておきますね。

 

女性の薄毛専門の病院

病院治療をするなら全国に治療院がある東京ビューティクリニック。

 

実際に治療した人はこんなに髪が増えています!


(※音が出ます)

 

他にこんな特徴があるクリニックです。

 

  • 治療を受けた人の発毛実感率が99.4%
  • 完全個室での診察
  • 最大手の女性の薄毛専門クリニック
  • 血液検査で、治療の安全性をたしかめるから安心

 

病院なので治療効果が高いのはもちろん、個室だからプライバシーをきちんと守られています。

 

しかも、血液検査を必ず行っていて薬による副作用のリスクなど安全面でも配慮されています。

 

しかも、、カウンセリングが無料です。

 

頭皮の状態チェックが無料で受けられますよ。

もっと詳しいことはこちらが参考になります。

 

女性の薄毛を99.4%治療する東京ビューティークリニック

 

 

まとめ

女性にもっとも多い脱毛症といわれている「びまん性脱毛」。

 

ほとんどの女性が重症になるまで「気がつかない」と言われています。

 

「ハゲる」というと、高齢者や男性に関係の強いことだと思いがちですが、びまん性脱毛による薄毛やハゲは、年代に関係なくおこってしまうものです。

 

若い女性や、遺伝的にハゲない家系でもびまん性脱毛は突然発症してしまうこともあるため、日ごろからのケアやチェックを欠かさないようにしましょう。

 

そして気づいた時には早めの抜け毛予防や育毛をして、いつまでもボリュームのある髪を保ちましょう!

  関連記事

 - 女性の抜け毛 , , , , ,