女性の薄毛

女性の抜け毛対策、育毛の情報を発信します

女性用育毛剤の徹底分析!頭皮を癒やす漢方トニックとは

 

 

 

今回の記事のテーマは、「漢方生薬」を使用した女性用育毛剤についてです。

 

女性用育毛剤の成分については、これまでにエビネエキスやみかんの皮、マイタケ、イチョウの葉、ルイボス茶、アロエなど、さまざまなものについてご紹介してきました。

関連記事:女性用育毛剤の徹底分析!エビネエキスとは?

関連記事:女性用育毛剤の徹底分析!みかんの皮が薄毛を抑える!?

関連記事:女性用育毛剤の徹底分析!マイタケの万能成分とは

関連記事:女性用育毛剤の徹底分析!イチョウ葉のすばらしい効果とは

関連記事:女性用育毛剤の徹底分析!ルイボス茶の驚くべき効能

関連記事:女性用育毛剤の徹底分析!「アロエ」の育毛効果とは

 

女性用育毛剤は、主に頭皮の血行を良くしたり、抗菌作用で頭皮を清潔にしたり、細胞の活動や再生を活発化させる働きがあります。

今回の記事で紹介するのは漢方生薬を使用した「漢方トニック」ですが、いったいどのような効果があるのでしょうか。

 

 

「漢方生薬」が女性の薄毛に効果ばつぐん

「薄毛」や「ハゲ」にも傾向がある

世間では、髪の毛の薄い人やないひとを「ハゲ」とひと言でまとめてしまいますが、その症状はさまざまなものがあります。

大きくわけても、額の生え際からハゲる「ひたいハゲ」と、頭のてっぺんからハゲる「てっぺんハゲ」の二種類に分けることができます。

 

ひたいハゲの特徴

「ひたいハゲ」は、男性に多くみられるハゲ方ですが、前頭部から頭頂部にかけての「頭皮が石のように硬い」のが特徴になります。

この傾向は、男性の遺伝的要素が強く、30代で一気にハゲあがることがおおいタイプです。

これは、頭皮のすぐ下にある薄い膜(帽状腱膜)が萎縮して硬くなり、毛根まで血液を運ぶ道がとざされてしまい、髪の成長に必要な栄養や酸素が届かなくなってしまった結果、ハゲあがってしまうのです。

 

「てっぺんハゲ」の特徴

いっぽう、「てっぺんハゲ」の特徴は、頭皮が赤茶けてブヨブヨしています。

頭皮の血液が滞り、中国医学でいう「瘀血」の状態になっているためおこるハゲで、遺伝はしません。

わかりやすく言い換えると、「ひたいハゲ」は「血液欠如ハゲ」で、「てっぺんハゲ」は「血液停滞ハゲ」といえるでしょう。

 

血液循環をよくする「漢方トニック」

頭皮を養い、毛根の新陳代謝をスムーズに行わせるためには、血液が運ぶ酸素と栄養素が不可欠ですから、髪の毛にとって血液の欠如や停滞は、酸欠や栄養失調を引き起こす深刻な問題になります。

女性でも頭皮の血行が悪くなると、血液の欠如や停滞をまねき、結果抜け毛や薄毛につながることが多くあります。

栄養をしっかりととることと同時に、血流を良くすることは、女性の薄毛対策にはたいへん重要なことです。

 

理容師が「漢方育毛剤」を考案

 

日本でも昔から親しむ深い「漢方薬」ですが、体に良いことはお墨付き。そんな漢方薬を髪の毛の健康にアレンジした方を紹介したいと思います。

理容歴36年のベテラン理容師が、漢方生薬をつかったある「育毛剤」を考案しました。

 

私は、漢方生薬を使って、血液循環をよくするトニックを作る研究を行いました。

漢方生薬を飲んで効くことは中国3000年の経験則が証明ずみですね。

そんな体に良い漢方生薬なら、頭皮に直接つけても効くのではないか、と考えたことが開発のきっかけでした。開発には、さまざまな漢方生薬を試し、配合のバランスや効果を検証して、育毛効果が最も高いものを発見しました。

 

「漢方トニック」のモニター結果

蒸れて毛が抜けた部分にうぶ毛が発毛

症例:53歳・造園業

【症状と経過】

仕事柄ヘルメットをかぶって炎天下の作業が多く、それが原因で5年ほど前からひたいがM字にはげ、頭頂部が丸くハゲてしまった。

 

【漢方トニックを使用しての経過】

毛髪と頭皮の状態を調べ、シャンプーの仕方と「漢方トニック」の使い方を指導される。その後自宅でオリーブオイルを頭皮になじませ、米ぬかのシャンプーで洗髪後に「漢方トニック」を使用。3ヶ月後には、頭頂部の丸くハゲた部分にうぶ毛が生え始め、徐々にハゲの面積が小さくなった。

漢方トニックを使い始めて半年後には、直径1cm程度までに縮小。

 

【解説】

順調に漢方トニックの血流改善効果があらわれた例。あと半年使い続ければ、新しく生えてきた柔らかな髪も、しっかりとした髪にかわる。

 

 

女性の抜け毛・薄毛の代表的な原因である「血行不良」。「漢方トニック」には、血液の停滞や欠乏に効果があるので、女性用育毛剤としてもおすすめです。

使用上の注意点

「漢方トニック」には、漢方生薬独特のにおいがあるので、夜、寝る前に使用するとよいでしょう。翌朝にはにおいは消えているので心配はありません。

また、使う前に洗髪するときは絶対にリンスはしてはいけません。リンスをしてしまうと、頭皮に油膜ができてしまい、「漢方トニック」がうまく浸透しなくなってしまいます。

 

髪の毛のケアは、とにかく根気強く毎日続けることが大切です。

頭皮や健康状態に問題がなくなれば、髪の成長していきます。

毎日、0.35mmという速度ですが、少しずつ髪は伸びていきますので、頭皮ケアは少なくとも3ヶ月は行うようにしましょう。

 

 

自宅で作れる女性用育毛剤「漢方トニック」の作り方

 

「漢方トニック」の作り方は、とても簡単です。

使用する漢方生薬はどれも漢方専門店で手に入ります。アルコール度数が低いリカーを使うとカビが生えてしまい、使い物にならなくなってしまうので、その点だけ注意しましょう。

 

とっても簡単!自宅で作る漢方トニック

材料

■紅花 25g(約180円)

■当帰 25g(約230円)

■ひげ人参 25g(約1200円)

■乾姜 25g(約130円)

■桃仁 25g(約180円)

■川弓 25g(約100円)

■甘草 10g(約1500円)

■ホワイトリカー(アルコール度数35度以上) 1.8リットル

■広口瓶(梅酒を作るときなどに使用するもの)

 

作り方

1.瓶を洗い、材料を混ぜあわせる

きれいに洗って、よく乾燥させた広口瓶に、7種類の漢方生薬を入れ、ホワイトリカーを注ぎます。

 

2.成分を抽出させる

瓶のふたをしっかりと閉め、冷暗所で3週間ねかせればできあがりです。

ポイントは、1日1回、瓶をゆすって漢方生薬とホワイトリカーをよくなじませることです。

 

3.使用する容器にうつす

しっかりと成分が抽出されたら、漢方トニックのできあがり。

当面使う分(200ml~300ml)のみ茶こしでこし、きれいに洗ったスプレー容器などに移し替えます。

残りはホワイトリカーにつけたままでOK。使用する分を大瓶から小分けしていくとよいでしょう。

 

4.大瓶から移し替えるタイミング

半年ほどすると、漢方生薬から抽出される成分はすべて出てくるので、液体のみを取り出します。

使用しない分も、茶こしでこし、トニック液のみを保存しやすい瓶に移して冷暗所で保存します。

 

 

「漢方トニック」の効果を高める10分間頭皮マッサージのやり方

両手を軽く開いて、指の腹を側頭部の頭皮にあて、頭頂部にむかって5mmぐらいずつ指の位置をずらしながら頭皮をもみあげる。これを3回繰り返します。

 

後頭部に手を回し、①と同じ要領で、後頭部から頭頂部に向かってマッサージ。これを3回繰り返していきます。

 

ひたいの生え際に手を置き、②と同じ要領で、前頭部から頭頂部へ向かってマッサージをする。これを3回繰り返します。

 

最後に人差し指と中指をそろえて、百会(左右の耳のてっぺんを頭上で結んだ線の中央)と、上星(ひたいの生え際から指2本分上)のツボにあてて、3秒押して3秒休む、を3回繰り返します。

 

 

まとめ

漢方トニックは、成分が優しく、肌が敏感な女性におすすめな育毛剤になります。

いろいろな成分を使用した女性用育毛剤がありますが、女性の抜け毛や薄毛はそれぞれ症状が異なります。

体質や肌質も女性によってことなるため、自分に合った育毛剤選びはとても大切です。

 

いろいろな育毛剤を試すことは良いことですので、自分に合ったものを探す中、「漢方トニック」という選択肢がひとうあることを、覚えておくと良いでしょう。

 

 

 

 

  関連記事

 - 女性用育毛剤 , , , , , ,