女性の薄毛

女性の抜け毛、薄毛の対策。オススメのシャンプー・育毛剤や、病院での治療を解説!

女性用育毛剤の徹底分析!イチョウ葉のすばらしい効果とは

     

804e4fc7bb826c971792cf8d45758e6c

 

今回の記事のテーマは、女性用育毛剤の「イチョウ葉の成分」についてです。

 

女性用育毛剤で代表的な成分、「エビネエキス」については、女性用育毛剤の徹底分析!エビネエキスとは?の記事でご紹介いたしました。

また、他にも身近な食品から女性用の育毛剤として抽出することができる「みかんの皮」や「マイタケ」の成分についてもこれまでにご紹介しました。

関連記事:女性用育毛剤の徹底分析!みかんの皮が薄毛を抑える!?

関連記事:女性用育毛剤の徹底分析!マイタケの万能成分とは

 

今回の記事で注目するのは「イチョウの葉」の成分についてです。

イチョウの葉には、エビネやみかんの皮、マイタケなどの成分と同じような育毛効果があり、頭皮環境を整えるちからがあります。

 

女性用育毛剤の徹底分析!イチョウ葉の育毛剤

頭皮の汚れは炎症は、抜け毛の原因に

脱毛、髪のコシがなくなる、フケやかゆみが起きるなど、女性の頭皮トラブルが起こる原因はさまざまですが、それらと密接な関係があるのが、「頭皮の血行不良」や「汚れ」なのです。

 

血行が悪くなると、髪を成長させるための毛根部分に、十分な栄養や酸素が供給されなくなり、その結果髪の毛が細くなったり、抜け落ちたりしてしまいます。

また、頭皮が汚れて炎症が起きてしまうと、髪の毛が生えてから抜け落ちるまでの「毛周期」、いわゆるヘアサイクルが狂ってしまい、抜け毛が一気に増えてしまうのです。

(関連記事:髪の毛の基礎知識:髪の寿命

 

 

頭皮の血行を良くし、炎症を抑えてくれるイチョウ葉の成分

いつまでもフサフサとした健康で美しい髪の毛をたもつには、普段から頭皮の血行をよくし、清潔にして炎症を防ぐことがとても大切になります。

さまざまな頭皮トラブルが起きた時、それらを改善してくれるのが、イチョウ葉成分をつかった育毛剤なのです。

 

イチョウ葉の薬効は、ヨーロッパでは30年以上も昔から知られています。

イチョウ葉から抽出される十数種類のフラボノイドやテルペノイドは、血行促進作用や抗炎症作用があり、特に脳の血流を改善する働きがあることが注目されています。

そのため、イチョウの葉の成分から抽出され、作られた薬が動脈硬化や痴呆症を予防する医薬品として認可され、実際に広く使われているのです。

 

ヨーロッパでも使用されているイチョウの葉成分

thumb5

 

イチョウ葉に含まれているこれらの血行促進作用は、外用剤として使っても得られるため、ヨーロッパで売られている育毛剤の多くに、このイチョウ葉のエキスが配合されているのです。

これからご紹介するイチョウ葉の育毛剤には、センブリソウハクヒも含まれていますが、センブリは毛根を刺激し、血流をよくして発毛を促進する働きがあることが確かめられています。

 

また、ソウハクヒにも頭皮の炎症を防ぐ効果があることがわかり、育毛剤などにも使用されるようになっています。

 

女性の抜け毛や薄毛の予防とケアには、頭皮を清潔にすることが一番大切です。

そんな女性の頭皮ケアを助けてくれる成分が、イチョウ葉には多く含まれているのです。

 

 

女性用育毛剤の徹底分析!「早めに」ケアすれば間に合う場合も

女性にとって、「抜け毛」「薄毛」は予防が一番効果的

頭皮環境がなによりも大切

抜け毛、薄毛といえば、以前は男性特有の悩みでしたが、現在は女性にも悩んでいる方が増えてきています。

毛髪をよい状態にするには、頭皮を健康で血流の良い状態にたもつことが、何よりも重要です。

 

例えば、頭皮は畑、血液が肥料、毛髪が作物だと考えてみてください。

畑の状態がよくないと、肥料も行き渡らず、作物は立派に育つことはありません。毛髪が抜けたり、やせ細ったり、枝毛になってしまうのも、作物と同じような状態のもとに起こってしまいます。

 

女性の抜け毛や薄毛は、ホルモンバランスによる影響もありますが、それに比べて加齢による影響も大きくあわられます。

年齢を重ねると、頭皮がかたくなり、頭皮の血行も悪くなってきます。そのため、毛根は十分な栄養をえることができなくなって、毛がやせ細り、薄くなってしまうのです。

 

頭皮を健康で清潔に保つには?

毛髪の状態をよくするには、まず頭皮を清潔にたもつことが大切です。

とくに毛穴に詰まっている皮脂や汚れはとくに取り除きましょう。

ただし、洗浄効果の高すぎるシャンプーで表面の皮脂を取り過ぎると、頭皮がカサカサになり、かえって頭皮の新陳代謝を悪くし、毛根への栄養供給に問題がでてしまうので注意が必要です。

 

また頭皮の血行促進ケアのためにも、シャンプー時に指の腹をつかってマッサージをするとよいでしょう。

 

固くなった頭皮には、シャンプー、頭皮マッサージなどの日常的な頭皮ケアに加えて、血行を促進するような育毛剤を使用すると、それぞれの効果が高まります

イチョウ葉の育毛剤に含まれている、「イチョウ葉」と「センブリ」には血行を良くする効果が多く含まれています。また、他にも抗菌作用のあるソウハクヒも入っているので、頭皮を清潔に保つ効果があります。

 

 

毛根がなくなる前にケアを

頭皮の炎症や、汚れから発生する抜け毛をそのまま放置してしまうと、どんどん悪化してしまいます。

脱毛が進み、頭皮を悪い状態でそのままにしていると、髪を製造する毛根部分が弱まり、髪を作ることができなくなってしまいます。

毛根がなくなってしまうと、新たに髪を生やすことは難しく薄毛が目立つようになってしまうため、抜け毛が気になりだしたら、早めにケアをするようにしましょう。

 

 

自宅で作れる特製「女性用イチョウ葉育毛剤」の作り方

image

 

血行促進抗菌作用など、さまざまな効果をもつイチョウ葉の成分。

イチョウは、全国的にいろいろな場所で植えられていたり自生しているため、イチョウの葉っぱを手に入れることはわりと難しくはないですね。

ここではイチョウ葉をつかった、自宅で作れる女性用イチョウ葉育毛剤の作り方を紹介したいと思います。

 

自宅で作る女性用イチョウ葉育毛剤

材料

■生のイチョウ葉 10~15g

■センブリ 10g

■ソウハクヒ 10g

■エタノール 50ml(肌が弱い人は30ml)

■グリセリン15ml

■水 500ml

■土瓶(なければ土鍋やホーロー鍋など)

■密閉容器

■ティーバッグ 2~3袋

※生のイチョウが手に入りにくいときは、漢方薬局で扱っている乾燥したイチョウ葉を使ってもOK。その場合は分量を約半分(5~8g)にする。センブリ、ソウハクヒは漢方薬局で手軽に購入できる

 

 

作り方

1.乾燥させる

イチョウの葉を木から採集したら、よく水で洗い、風通しのよい日陰で2~3日干して乾燥させます。

 

2.切る

ほどよく乾燥したら、材料を細かく切ります。センブリ、ソウハクヒも細かく切り、一緒に混ぜます。

(はじめから細かく切られている場合は、そのまま使用してもよい)

 

3.ティーバッグに入れる

②の材料を市販のティーバッグに入れます。(大きさによって、2~3袋に分けます)

 

4.成分を土瓶で抽出する

土瓶に水500mlを入れ、そこに③のティーバッグをすべて入れます。

(土瓶がなければ土鍋やホーロー鍋、あるいは耐熱ガラス性のポットなど、保温性に優れたものを使えばOK。)

最初は強火にかけて、沸騰したらとろ火にし、50~60分ほどかけてお湯の料が3分の1くらいになるまで煎じます。

 

5.エタノールと混ぜあわせる

煎じたエキスを常温になるまで冷まし、エタノールとグリセリンを加えてよく混ぜあわせたら完成です。

より清涼感のほしい人や、においの気になる女性はハッカ油(薬局やアロマテラピーのお店などで扱っているもの)を数滴(1~2ml)加えてもよいでしょう。

レモンバームなどのエッセンシャルオイルを加えると、香りも同時に楽しむことができます。

 

6.保存方法

蓋のしっかりとしまる密閉容器にうつし、冷暗所または冷蔵庫の野菜室で保存します。

1ヶ月を目安に使い切るようにしましょう。保存する容器は、プラスチック製のものだと成分が溶け出す可能性があるので、ガラス性のものを使用するのがオススメです。

保存中に、成分が沈殿してくることがありますが、よくふって使えば問題はありません。どうしても気になる方は、ガーゼやコーヒーフィルターを使用して何回か濾すと、沈殿しにくくなります。

 

 

まとめ

イチョウの葉は、昔から漢方薬として多くの場面で親しまれてきましたが、近年ではヨーロッパでもさまざまな医薬品として活用されています。

日本人にとって、イチョウはとても身近で、実は実食でき秋には紅葉を楽しませてくれる樹木です。

 

そんなイチョウ葉には、女性の髪の毛を健康で美しいものにしてくれる素晴らしい成分があります。

抜け毛が気になりだしたら、イチョウの成分と効果を思い出し、あなたも早めのケアをはじめてみましょう。

 

 

  関連記事

 - 女性用育毛剤 , , , , , , ,