女性の薄毛

女性の抜け毛、薄毛の対策。オススメのシャンプー・育毛剤や、病院での治療を解説!

女性のagaは育毛剤で治る?効果のある育毛剤はコレ!

 

もしかしてこの薄毛ってagaかな?

そんな悩みを持つ女性にとって、agaが育毛剤で治るのか、気になりますよね。

 

女性のagaはFAGAといいます。

残念ながら、FAGAは育毛剤だけじゃ完璧には治りません。

 

市販の育毛剤には、FAGAにまったく効かないものと、多少は効果があるものがあります。

でも、多少は効果のある育毛剤も「フサフサ!」とまではいかないんです。

 

女性のagaを治す方法はひとつだけ。

それは、薄毛専門の病院で治療を受けることです。

 

 

女性のaga、原因は?

女性のagaはFAGAといいます。

 

ちなみに、男性の場合はaga(男性型脱毛症)といいます。

女性の場合は、FAGA(女性男性型脱毛症)というのです。ややこしいですね(笑)

 

agaもFAGAも、男性ホルモンによって起こる薄毛です。

女性も、男性よりは少ないですが、男性ホルモンが分泌されています。

加齢やストレスによって女性ホルモンが減少すると、そのぶん男性ホルモンの影響が強くなるんですね。

 

女性ホルモンのエストロゲンは、30歳くらいから少しずつ減少します。

そして、閉経前後の更年期(45~55歳)には急激に減少します。

 

 

 

エストロゲンが減ると、そのぶん男性ホルモンの影響が強くなります。

血液中の男性ホルモンは、頭皮でDHTという特殊な男性ホルモンに変化します。

 

そのDHTが、髪を作る毛母細胞に「成長をストップする命令」を出してしまうんですね。

その命令を受けて髪が成長しなくなり、薄毛につながるんです!

 

これがFAGAのメカニズムです。

 

 

女性のagaの特徴

では、あなたの薄毛はFAGA(女性のaga)なんでしょうか?

 

下記の項目に当てはまる人は、FAGAである可能性が高いです!

チェックしてみてください。

※あくまで可能性なので100%ではありません。

 

①以前は違ったのに、生え際が産毛になった

②つむじ部分が極端に薄い

③年齢が40代後半以上

④更年期障害の症状があり、その時期から薄毛が始まった

 

 

どうですか? 当てはまりましたか?

 

生え際とつむじの辺りは、FAGAの原因である男性ホルモンの影響を受けやすい部分です。

なので、おでこ・頭頂部が薄くなってきたら、FAGAである可能性が高いです。

 

また、先ほど説明したとおり、FAGAは女性ホルモンの減少が原因です。

なので、女性ホルモンが減少する更年期(40代後半~)以降の女性に多いんです。

 

でも、最近は20代・30代でFAGAになる女性もたくさんいます

加齢だけではなく、ストレスでも女性ホルモンは減少するからです。

 

なので、もしあなたが20代・30代であっても、FAGAである可能性は否定できません。

 

 

女性のagaは育毛剤で治る?

市販の育毛剤には、FAGA(女性のaga)に多少の効果があるものと、効果がないものがあります

 

ですが、もしあなたが本当にFAGAだった場合は、育毛剤よりも薄毛の専門病院がいいですよ!

なぜかというと、育毛剤は「フサフサになる」というよりは「これ以上薄毛を進行させない」ためのものだからです。

 

とりあえず、FAGAに効果のある育毛剤と、病院の方がいい理由を説明していきますね。

 

 

リアップリジェンヌ|女性のagaに効果あり!

FAGAに効果が期待できるのは「リアップリジェンヌ」だけです。

リアップリジェンヌは、FAGAに対して効果が認められている、日本で唯一の育毛剤です。

 

 

FAGAには、ミノキシジルという成分が効果的です。

 

でも、国内で市販されているほとんどの女性用育毛剤には、このミノキシジルが入っていません。

市販の育毛剤で唯一、ミノキシジルが入っているのが、このリアップリジェンヌなんです。

 

 

しかし……残念ながら、進行した薄毛を完璧に治すことはできません

 

FAGAの症状が軽いなら、リアップリジェンヌでも多少は治るでしょう。

でも、進行した薄毛を完全に治すなら、病院治療しか方法はありません

 

病院で処方される育毛剤(外用薬)は、ミノキシジル以外にも有効な成分が多く配合されています。

また、病院では塗り薬だけではなく、飲み薬も処方してくれます。

薬で治らなければ、メソセラピー(注射)など、他の治療法も多くあります。

 

なので、薄毛の症状が軽めならリアップリジェンヌ、進行しているなら病院での治療をおすすめします。

 

リアップジェンヌは、皮膚科で処方箋をもらって薬局で購入します。
薬剤師さんがいるドラッグストアで購入することもできますよ!

【第1類医薬品】大正製薬 リアップリジェンヌ|楽天市場

 

 

リアップリジェンヌ以外の育毛剤|女性のagaに効果なし!

リアップリジェンヌ以外の育毛剤は、FAGAには効果がありません。

 

ですが、FAGA以外の薄毛には効果があります。

 

髪が全体的に薄くなることを、びまん性脱毛症といいます。

びまん性脱毛症は、FAGAと慢性休止期(まんせいきゅうしき)脱毛症の2タイプがあります。

 

もしあなたの薄毛が慢性休止期脱毛症だった場合、リアップリジェンヌ以外の育毛剤で治るかもしれません。

 

FAGAと慢性休止期脱毛症の違い・見分け方は、この記事を参考にしてくださいね↓

びまん性脱毛症にマイナチュレ育毛剤が効く人、効かない人!薄毛の原因別で効果が分かれる

 

もし慢性休止期(まんせいきゅうしき)脱毛症なら、マイナチュレ育毛剤がおすすめです。

 

頭皮の血行を促進し、頭皮を保湿する効果がありますよ。

 

ですが、あなたの薄毛がFAGA(女性のaga)だった場合、マイナチュレは効きません。

あなたがFAGAかどうかを知るためには、薄毛専門の病院で頭皮診断を受けるのが一番です。

 

 

 

女性のagaを治すにはどうしたらいいの?

薄毛治療の病院

FAGA(女性のaga)を完全に治す方法はたった一つ。

 

薄毛治療専門のクリニックに行くことです。

 

「頭髪外来」という、薄毛を専門にしている病院があります。

薄毛を治すには、普通の皮膚科などではなく、必ず薄毛専門のクリニックへ行きましょう。

 

 

薄毛治療専門のクリニックがおすすめな理由

薄毛治療は、薄毛専門のクリニックがおすすめです

なんといっても、薄毛に対する知識と治療法が豊富だからです。

 

頭皮の状態をしっかり診察してくれるし、薬も副作用などを考えて適切な処方をしてくれます。

もし薬だけで治らなくても、他の専門的な治療ができるので、治るまでとことん向き合ってくれます。

 

また、薄毛専門の病院では、医師や看護師が患者さんの気持ちにしっかり寄り添ってくれます。

多くの患者さんを見てきたからこそ、薄毛に悩む気持ちを理解してくれるんですね。

 

 

ちなみに。

薄毛治療は、一般の皮膚科でも対応してくれますが、おすすめできません。

 

なぜなら皮膚科は、薄毛専門の病院と比べると、薄毛の知識と治療実績が少ないからです。

また、薬や治療法の種類も圧倒的に少ないです。

 

一般の皮膚科では、ミノキシジルという薬を処方されることが多いですが、もしその薬で効果がなかった場合、他の治療法はありません。

その点、薄毛専門の病院ならミノキシジル以外にも薬はありますし、薬で治らなければ他の治療法があります。

 

薄毛でお悩みなら、必ず薄毛専門の病院を選びましょう。

 

 

 

女性のaga治療、東京ビューティークリニックがおすすめ

病院で薄毛の治療をするなら東京ビューティークリニックがおすすめです。

東京ビューティークリニックは、女性の薄毛に特化した髪専門のクリニックです。

 

女性と男性では薄毛になるメカニズムが少し違うし、使える薬も違ったりします。

その点、東京ビューティークリニックなら女性専門の薄毛治療が受けられます。

 

また、東京ビューティークリニックは、治療前に頭皮診断を受けることができます。

これが、なんと無料なんです。

 

まずは頭皮診断を受けて、どんな治療をするのかの説明を受けます。

実際に治療を開始するかどうかを決めるのは、その後でもいいんです。

薄毛治療はお金がかかることだから、すぐに決断しなくていいのは助かりますよね。

 

まずは、無料の頭皮診断を受けることをおすすめします!

 

 

他にも、東京ビューティークリニックならこんなにメリットがあります。

  • 治療を受けた人の発毛実感率が99.4%
  • 完全個室でプライバシーが守られる
  • 髪の相談が365日無料
  • 提携院含め全国展開なので引っ越しても安心
  • 頭皮診断・カウンセリングが0円

 

もし近所に東京ビューティークリニックがなくても大丈夫。

東京ビューティークリニックは全国にたくさんの提携院があり、そこでも同じ治療が受けられますよ!

 

もっと詳しいことはこちらが参考になります。

女性の薄毛を99.4%治療する東京ビューティークリニック

 

 

どんな治療をするの?

 

 

東京ビューティークリニックの薄毛治療について説明しますね。

 

治療は、まずは投薬から始まります。

薄毛治療で有名な「パントガール」や、東京ビューティークリニックが開発したオリジナル薬「リバースレディ」などを使います。

薬との相性は人それぞれ。

その人の体質に合っているか、副作用は出ていないか、お医者さんが経過を見ながら処方してくれるので安心です。

 

もしも薬で治らない場合は、メソセラピーという治療法があります。

オリジナルの発毛カクテルを頭皮に注射し、発毛因子を毛根に直接届けるんです。

 

ほとんどの方は投薬とメソセラピーで治療しますが、最終的には植毛という方法もあります。

これは、髪が生えている部分の頭皮を切り取ってハゲている部分に移植する手術です。

 

最初から手術!なら少し怖いですが、最初は薬からなので安心ですね。

 

費用はコレくらいかかる!

通院費用は、もちろん治療内容によって違います。

平均的には、1ヶ月で2~3万円かけている方が多いようです。

 

薬は、パントガールなら1ヶ月で8,000円(初回は7,000円)。

リバース レディなら、内服薬が1ヶ月で14,000円 ~ 21,000円、外用薬が14,000円。

メソセラピーは、50,000円~70,000円(薬の量によって変わる)。

 

やはり、費用は高額ですね。

治療を始める前に、料金の説明をしっかり聞きましょう。

不安なことがあれば事前にどんどん質問すると良いですよ!

 

 

まとめ|女性のagaは育毛剤だけじゃ治らない!

 

FAGA(女性のaga)は、育毛剤では完璧に治りません。

 

育毛剤は、「フサフサになる」というよりは「これ以上薄毛を進行させない」ためのものです。

 

FAGAを完璧に治すなら、薄毛専門の病院で治療しましょう。

 

専門の病院で治療すれば、薄毛は高確率で治ります。

治るまで、あきらめないで頑張ってくださいね。

 

  関連記事

 - 女性用育毛剤